スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドバイの空港にて

出発4時間前にホテルからのフリーシャトルサービスでドバイ空港15分で到着。あっというまに自動チェックインも終わり、残った最後のUAEマネーはチョコバーに化けた。

ここは空港内どこでもFree Wifi。24時間空港だからここで乗り継ぎで夜を明かす人もいるだろうから退屈しのぎのいいサービスだと思う。また椅子もリクライニングチェアー完備で結構気持ちよく眠れそう。

新しくて広くていい空港。確かに外は24時間飛行機の飛び立つ騒音がひっきりなしに聞こえてはいたけれど。

エミレーツ乗れるのも嬉しい。長時間フライトだから特に大画面モニター装備はほんと嬉しい。苦痛だと感じていない。いい映画やっててくれりゃいいけど。ちなみにBKKいくとき良く使うUAは大変苦痛である。。うん、苦痛だ。

あ〜なんか日本に帰るの嬉しいよ。。こんな気持ち久々だな〜。
中本の蒙古タンメン食いてええええええええええ〜〜
野菜大盛り、麺固めでお願いします!
スポンサーサイト

無事、中東最終日を迎えました

昨日の夜からなんか体の調子がおかしいよーな。緊張から開放されたからかな。

寒気がちょっととからだの節々に違和感。
(モールのエアコン効き過ぎで寒いのが原因かも!)

ドバイでの計3泊は結果的にいいホテルに泊まってよかった。やっぱ風呂はサイコーである。昨日もゆっくり温まってエイリアン見ながら寝た。

で10時過ぎ起床。12時前チェックアウトしメトロでモール・オブ・ザ・エミレーツへ。ただただブラブラ。



モールの中にはスキー場まである!すげえ!こんな狭いとこですべりたかないけど。。さすがドバイ!金でできないことなど何もない!



ちょっと欲しいものでもあれば楽しいんだろうけど。ない。値段も全然安くない。ドバイのパックツアーってどんななの?モールとビルと埋立地以外に何することあるんだろ。。(いや、金持ちはいいホテルで優雅に動かずに過ごすんだろうな・・高級スパとか・・やったことないけど)

さてあと数時間もすれば空港へ。27日間長かったような、短かったような。ほんと精神的(例のハンコ)にも肉体的(6カ国訪問)にもきつかった。あと食べ物もレパートリーほとんどなし、毎日チキンシュワルマ。冬はこんなに寒いと知らなかった。毎晩ブルブルでした。俺の命を救ってくれたのはユニクロのヒートテック(下)。上は帰国したら買います。

チケット買った翌日に飛行機乗るなんて衝動的に来ちゃだめだな。ちょっとはルートとか行き先とか勉強してくればよかった、と反省。

でもペトラとエルサレムとバールベックは来た甲斐があったな。。すごかったよ。。シリアの人々もよかった。

今回は日本で2週間近く滞在の予定。暖かいお風呂としゃぶしゃぶが待ちどおしい。

さて次はどこへ行こうかな。知らない間にお正月がもうすぐそこまで・・・。

これが世界一!!

12/02 Dubai
9時前、20分ほど歩いて明日のオマーン・マスカット行きバスのチケットを買いに行く。そこからまた歩いてシティセンター・ショッピングモールへ。ちょっとぶらついたあとメトロに乗りファイナンシャルセンター、そこからバスに乗り換えドバイ・モールへ。





ここからはあの世界一高いブルジュ・ドバイが目の前に!!!824.55mだって。いや〜すごい。まるでなんか漫画でよくみる近未来の世界である。空のキャンパスに書かれた絵のようにも見える。2000年前にペトラの岸壁削った人もすごいけど、このビル建てるのもまたすごい!まだオープンしていないらしく中は入れず。現在いたるところで高層ビルが建設中であるようだが、このブルジュ・ドバイだけは一つだけ群を抜いて空に突き抜けていてイヤハヤ・モウ・ナンカ・ス・ゴ・イのである。。







でもこんなに建てて大丈夫?と他人事ながら考えちゃったりして。。街には殆ど人がいないのは気のせい?たくさんのビルが「TO LET」の看板を出しているし既に廃墟と化しているそんなに古くないビルも目に付く。明らかに供給超過剰のような。。どこもかしこも資金繰りが厳しいようだけど、うまくこれから完成までもっていけたとしても誰も入らなくて、数年後訪れたらまるごとゴーストタウン化してたりして・・。世界初の21世紀系世界遺産となるのか!退くも地獄、進むも地獄。大丈夫か、ドバイ。。やりすぎじゃねえの?余計なお世話だろうけど。

なんか朝からどーも体が重い。きっとドバイに着いて緊張感から開放されたんだと思う。昨日までの3週間、イスラエル・スタンプ事件を筆頭になんだかんだ疲れることいろいろあったもんな。。ここはすごい楽。交渉ごとないし。英語通じるし。メシなんでもあるし。ちょうどいい具合に暖かいし。すごくホッとしている自分がここにいる。。3時過ぎ宿に戻り昼寝。

6時半起きて近所のアル・グレアのショッピングモールへネットしにいく。

バブル崩壊直後のドバイへ

またまた夜中目が覚め震えながら本読んで時間をつぶす。ストーブ盗みに行ったらガスが残っていなかった。。

朝7時呼んだタクシーに乗って7時半前ダマスカス空港到着。モニター見てがっくり。。2時間遅れ。これって先日のドバイ・バブル崩壊となんか関係あるのか!!関係ねえか。寒い空港で都合4時間つぶすことに。

2時間遅れの12:05離陸。客は3割の入り。





16:45ドバイ到着。入国ガラスキ。

タクシーで予約したディラのホテルに向かいチェックイン。(ドバイは安宿あんまりないみたいだし飛び込みで探すとやたら高くつきそうなのでAGODAで先日予約しといた)バスタブ付モダンな部屋に喜ぶ。今朝までの1泊600円の宿はほんと寝た気がしなかったからな・・。今夜は爆睡まちがいなし!

ホテルの近くには2つのショッピングモールがある。すかさず直行。両替に行くと円があまりにも弱い。もっとドルを持って来るべきであった。

マクドをはじめ慣れ親しんだファーストフードが並んでいる。あとアジアの同胞の姿もたくさん見る。つーかアジアからの出稼ぎ者のほうがほんとの国民よりはるかに多いんだよな、この国は。現代版・地主と小作人である。

ほんの数ヶ月前テレビでほぼ崩壊しつつあるドバイの経済状況の特集をやっていた。インド、フィリピンをはじめとするアジア辺りからの出稼ぎ労働者の物語である。今回のバブル崩壊は来るべきものが当然のように来たわけだが、こうなると一気に使い捨てられ自分の国に強制的に返される出稼ぎ労働者たちのあまりにも過酷な人生って何・・と茶色い土地に不釣合いな巨大ショッピングモールを見て思うのであった。。

羽田−関空−ドバイ−アンマン

昨日取った航空券はエミレーツのアンマンINのダマスカスOUT、ドバイストップオーバーの27日間。もうひとつの候補だったラサはとりあえず次回以降に。

関東は昨日からずっと雨。川崎までバス、川崎から京急で羽田へ。今回の最後の食事はテンヤの天丼。胃がもたれる。。&なんか風邪っぽい。あともう1日ゆっくりしたかったな。いつもの川崎の景色が無職になってみると違って見えた。。さ、やっぱり日本を離れたほうがいい。。

羽田には3時間前についてしまったが、JAL国際線乗継用カウンターは長蛇の列にもかかわらず2つしかカウンターが開いてなく結構待たされることに。これ1時間前チェックインだとやばいんじゃないの?忙しく動いている女性もいれば、ボーっとつっ立っているおじさんもいて、なるほど潰れそうになるわけだ、と思ってしまった。たまたま隣のおじさんが読んでた日経覗き込むとJAL再建の厳しいニュースが載ってて笑える。。

お約束のように30分遅れてEK6251便離陸&着陸。関空でパスポートコントロールを抜けゲートにたどり着いたらもう搭乗の最中であった。

2320定刻でドバイに向けEK317便出発。とても評判のいいエミレーツ。なるほど分るような気がする。明るい機内、各席に設置されたモニターは一回り大きいし機内食もまあまあおいしかった。関西の夜景がとても美しく見えた。

プロフィール

koji

Author:koji
やったらやったでどーにかなるよ!のいい加減さと石橋叩きすぎ心配症の2面性を持つ男。
人生は一度きりとか言われるとなんかやたら焦る・・・

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
検索フォーム
メールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。