スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サマータイムスタート!ケルンに宇宙船

3/28 ケルン

朝7時前iphoneのアラームで起きてシャワーを浴びてたら相棒がまだ6時だよ、という。あれ、おかしいな、間違うわけないんだけど。。でもすぐそれがサマータイムのせいだとすぐ気がついた。でもすごいのはiphoneである。夜中に「勝手に」1時間進めてくれていたのである。もちろん他の時計どもは呑気に1時間遅れで動いているわけだからかなりの確立で今日の8時半の列車に乗り遅れたはず。Iphone素晴らしい!持っててよかった。つーか誰か教えてくれよ。明日からサマータイムだよって。

で朝食をとりに1階レストランに下りて行ったら係の女性がまだきていなかった。もちろんその理由はサマータイム忘れ。無造作に置かれていたパン、ハムを勝手にいただいてると焦った表情でその女性が出勤してきた。

8時過ぎフランクフルト中央駅へ。日曜ということもあってか構内ガラガラ。



列車は美しい町並みが続くライン川沿いを走った。2回乗り換えて12:26ケルン到着。

Frankfurt08:30-09:40Limburg10:08-11:01Koblenz11:16-12:26Cologne


【川下りしたかったよ、ライン川】

S-Bahnで2つ先のNewmarktに行き宿にチェックイン。ケルン観光は今日の午後しか時間がないので荷物を置いてすぐ出発。SchildergasseからHose strを歩く。かなりのショッピングストリートだが今日は日曜日。先週のミュンヘンと同じくレストランを除きほぼ全部閉まっていたのが残念。

歩いているといきなり前方の視界が開けDorm(大聖堂)がドドドドーンを現れた。それはもうなんかすげ〜圧倒的で聖堂というより巨大な宇宙船が地球に落ちてきて後ろ半分が地表に残っている様相。


【突っ込んだ宇宙船の後部に見えた】

632年の歳月をかけて完成したというその巨大な石の塊はさすがドイツ最大のゴシック建築である。下から見上げながらこの塊が倒れてきたら逃げようがないな〜なんてつまんないことしか思いつかなかった。でかすぎて全体像をファインダーにおさめることできず





ステンドグラスが美しい内部を見学したあと、南塔の展望台へ509段の階段をハアハアいいながら上がる。どんなすごい景色が待ってるんだ〜と下界を見下ろすと、特になんてことはない普通の現代っぽいビルの並ぶ景色にちょっとがっくりきた。





小雨の中ライン川に架かるホーエンツォレルン橋を歩く。



橋とトラムを区切る柵には恋人たちが掛けた南京錠でいっぱい。外した鍵はそのままライン川に投げるらしい。(ダメになったら拾いにいけんじゃないか・・)




【あらかじめ刻印されてたりして意気込みが感じられる】


近くのチョコレート博物館へ。有料のチョコレートの歴史なんぞには興味なくショップをちょっと覗いて退散。

ドーナツ屋で休憩したりして帳がおりるのを待つ。暗くなってからもう一度ホーエンツォレルン橋に行ったあとライトアップされた大聖堂を見て午後9時半宿に宿に戻ってきた。





今日の宿も安い割にはすごく新しい感じのいい宿なので寝るだけの宿としてはもったいない。もう1泊したいくらいだ。
スポンサーサイト

フランクフルトでタイ料理

3/27 フランクフルト

久々にいただくなかなかおいしい朝食。そのあと2度寝。

11時、雨の中散歩に出かける。春が来たと思っていたがフランクフルトは昨日も今日も寒くてしようがない。ZEILを歩きデパートなんかをうろうろしてその後大聖堂、マイン川、市場を見る。


【一人で同時に10種類以上の楽器を操る男。見事。】

昼ごはんで食べたタイカレーは過去最高のうまさ(値段も最高だが)。店内はいつもほぼ満席。1品8ユーロぐらいするがどの料理も量も多くおいしそうだった。



雨で気温上がらずあまりにも寒いので宿に戻って昼寝。



夕方ゲーテハウスの外あたりを散歩しフランクフルト終了。本日はソーセージ2本。


【泊まってる宿の周りは怪しい風俗がいっぱい】

フランクフルトで雨に打たれる

3/26 フランクフルト

なんだか気分の滅入る朝。あ〜仕事したいな、とちょっと考えたりした。ま、旅長くやってるとそんな日もあるわな。8時半頃にはローテンブルク駅に着き昨日操作しまくりですっかり慣れた自動発券器でフランクフルトまでのチケット購入。今回は2回乗り換え。

Rothenburg09:07-09:21Steinach09:31-10:16Wurzburg10:35-12:50Frankfurt

ドイツ鉄道初の到着20分ほど遅延。ちょっとツーリストインフォ立ち寄ったときに宿のこと聞いたら「今日はミュージックフェスタで混んでて高い!」といわれる。最初のユースホステルでにべもなく満室といわれ、そこで教えてもらった他のホステルも満室。その後手当たり次第にホテルに入り値段確認。到着したときには曇ってたフランクフルトの空はこの頃一気に雨が強く降りだしずぶぬれ。散々行先迷った挙句来てみたらフェスタで混雑、ベッドは見つからず、宿泊料金はボリ価格、外は横殴りの雨・・気持ちが切れそうになる。泣きっ面に鉢。でも最近すっかり旅慣れてきた相棒が頑張ってくれた。

結局尋ねた宿の中のひとつに2泊することにしてチェックイン。去年の6月から旅を始めて初の1泊10000円越え!!はぁ。。。高すぎ。(ちなみに2泊目は6000円ほど)

フランクフルトは久々に見る高層ビル建ち並ぶ近代的な都会。暗くなっても電気の点いてる高層オフィスビルを見るとなんだか落ち込んだ。早く仕事に復帰したいな、と最近思う。リーマン時代の嫌なことは既にすっかり忘れている故の戯言かもしれないが。旅に疲れているのかもしれない。


【なかなか面白いデザイン】


【欧州中央銀行】

今日は朝から何も食べていなかったので、夕食に中華屋で(フランクフルトは見た感じアジア人、特に中国人の人口多し)もやしの入ったなんちゃって酢豚と炒飯でお腹いっぱいにしたあと駅へ戻り28日のケルンと29日のアムステルダムへのチケット買って帰ってきた。

「中世の宝石」ローテンブルク

3/25 ローテンブルク

10時半過ぎカルゲン門から旧市街を囲む城壁に上がりシュピタール門までの約半周を歩く。城壁は堅牢で中の街は見かけだけでなく本当に壁により外界から遮断されている感じ。


【城壁から旧市街を望む】


マルクト広場周辺は少ないながらも観光客がいて市参事会員酒場の仕掛け時計(マイスタートルンクの物語にちなみ酒を一気飲みする)が動くのを一緒に見た。


【マルクト広場】

ローテンブルク旧市街の町並みは確かに美しいがとにかく人がいないし、開いている店も半分もなく活気がなかったのが残念。今日はTシャツ1枚で散歩している人たちもよく見かけるほど暖かい1日。圧倒的に春の雰囲気。石の街のストリートカフェは雰囲気よし。




【ブルク門】



明日行く予定のマインツだが問題はライン川下りが催行されているかどうか。ツーリストインフォで聞いても分からないというし、WIFI使えるカフェも見つからず。。割引チケットがないので値段も高い。

夕食は駅近くの小さなモールに入っていた中華。久々の米とアジアな味に感動する。

宿に備え付けられてるオンボロPCでネットやったところ4月2日から通常営業らしい。あと1週間もどうすればいいの。。もうちょっと早くこのこと調べておけばよかった。まさかまたオーストリア方面に行くのもあほらしいし。ベルリン遠いし。スイス高いし。

スーパーで閉店間際の割引で1パック89cのイチゴを見つけ嬉しくなって2パックも買ってくる。食べながら思ったがこういうものは少ない量をありがたく食べたほうがおいしい。。

ニュルンベルク経由ローテンブルク

3/24 ローテンブルク

8時朝食。郵便局で葉書を出した後8時半過ぎ駅に到着。既に入線していた列車に乗り込む。今日は快晴。車窓からのどかな田園風紀が広がる。どこか人工的ではあるが自然も建物も美しい。



ニュルンベルクはテレビかなんかで名前を知っていたドイツで数少ない訪れてみたかったところ。街がとても美しいところだと記憶していた。1日乗り放題のバイエルンチケットを利用してローテンブルク行く前にちょっと立ち寄ってみた。

Fussen 09:07-10:19Buchloe10:22-10:57Augsburg11:17-13:17Nurrnberg

2回乗り換えてニュルンベルク到着。ガイドブックに載っていなかったのでインフォメーションで地図をもらい荷物をロッカーに入れ早速散歩。平日の午後だというのに旧市街はたくさんの人で活気があった。







青い空にSt.Lawrence教会の尖塔が映える。建物もカラフルでかわいい。ローテンブルクへの列車の時間まで3時間しかなかったので焦りながら散策。





それでも小さく細い名物ニュルンベルク・ソーセージなどを食べながら(味は普通)主な見所を駆け足で見てまわった。1,2泊するべき街だったな・・とちょっと後悔しながら駅へ向かった。



Nurnberg16:35-17:06Ansbach17:10-17:30Steinach17:34-17:48Rothenburg

ローテンブルク到着しすぐ宿にチェックインし旧市街に散歩に出かける。

”中世の宝石”といわれるローテンブルクはロマンチック街道のハイライト・・からはじまるガイドブックご推薦の街を歩いてみたがまだ午後6時半だというのに・・ひ、人が全然いない。。



店は少しのレストランの除いてほとんど閉まっている。もちろん街は雰囲気があるがとにかく寂しい!明日1日あるからとハンバーガー食べてとっとと宿に帰ってきた。この宿35ユーロと安くて快適だが、久々にWIFIがつながらない。たまにはネットしない夜もいいもんだ。

ノイシュヴァンシュタイン城とヨーロッパアルプスに感動だ

3/23 フュッセン

宿で2ユーロの朝食。食堂にいくと、え、こんなにゲストいたの?って感じ。

9時半前宿を出て駅へ。明日用のバイエルンチケットを購入し、駅前から出ているバスに乗りホーエンシュヴァンガウへ。降りるや否や山の中腹にノイシュヴァンシュタイン城がお出迎え。入場チケット購入し30分ほど歩いて城に向かう。天気もいいし、いや〜なんかすげ〜気合入ってきた。





11:10発入城。この城はポータブルオーディオによる日本語ガイダンスあり。自前のイヤホンをつけて城の中を歩く。豪華絢爛の内装もよかったが窓から見えるヨーロッパアルプスの景色に感動した。


●城の窓からはこんな景色が!:城内の写真は禁止だが外は撮っていいとのこと・・

(マリエン橋)

(アルプスの山々)

(ホーエンシュヴァンガウ城)

ちなみにツアーは半分以上が日本人の団体さん。じじいになったらこうやってパックツアーで旅行したいな。いいホテル泊まっておいしいもの食って。。

ツアー自体は30分ほどで終わり、マリエン橋へ。橋からは背景に緑美しい田園の景色をバックにノイシュヴァンシュタインがドドーンと正面に。



あまりに美しいそのお姿にまたシャッター押しまくり。橋で昨夜の残りでサンドイッチを作りお昼としたあとちょっと山登り。上から見下ろすお城も絵になる。



近くにあるルートヴィヒ2世が幼少期を過ごしたホーエンシュヴァンガウ城は外から見るだけ。



昔から基本的にお土産は買わない主義。土産といえど所詮安物はほとんど中国製だったりする。日本に帰るまで持ち運ぶのも大変だし。だがバックパックに縫い付けていたワッペンだけは格好いいのがみつかると欲しくなる。で、ここで1枚お城バージョンワッペン購入。(これも中国製か・・?)

午後3時前フュッセンに戻ってくる。待ちぶらしたあと一旦宿で休憩。今日は空気も澄んでいたのか部屋の窓からノイシュヴァンシュタインが昨日よりよく見えた。



夕方また散歩。夕方7時を回ると街から人気が消える。レストランもほとんどが閉まってしまう。レヒ川などをまわってスーパーで買出し後戻ってきた。


【レヒ川】

晩飯はハムの残り入りカップラーメン。

あの城!がある街フュッセン到着

3/22 フュッセン

昨夜遅く20日に買ったフュッセンまでのチケットがバイエルンチケットという便の指定のない割引チケットだということに相棒が気付く。そこで予定していた10時前の列車をやめ昨日閉まっていたアウトドアショップに行ってから午後1時前の列車に乗ることとした。

09:40 チェックアウト。荷物をそのまま置かせてもらい晴れたミュンヘンを歩く。アウトドアショップではデイパックのレインカバーを買った。これでもう不意の雨も怖くない!


【ストリートスタンドで買ったいちごが以外においしかった】

噂には聞いていたがドイツ人歩行者はとにかく信号をよく守る。「真夜中、車も誰もいない赤信号を律儀に守っているのはドイツ人と日本人」なんていうジョークを聞いたことがあるがホントだな、と思った。おかげで歩きにくくてしようがないよ。同盟組んで大戦負けたくらいだから似たとこあるんだろうね、俺たち。組織、上司の言うことは絶対!ルールは守るためにある、なんていうところもそう?ハイル・ヒットラー!なんて踵鳴らす人たちだからね。

荷物を引き取り12時過ぎ中央駅へ。昨日のコンビニで、やっぱり2本目はおいしくない・・のホットドッグを昼食とし12:51発の列車でフュッセンに向けて出発。


【さすがドイツ。定刻にきっちり発車】


【バイエルンの車窓から。汚いのは窓のせい】

客はほとんどなし。その少ない客も途中の駅で次々に降りてゆき14:55にフュッセンに到着したときには自分の乗ってた車両は他1人しか客がいなかった。。

宿に荷物を下ろしたあと早速散歩。標高の高い街だけあってフュッセンは寒かった。30分もあればまわれる小さな町だけど居心地よさそうだと思った。





ここからちょっと南へ行くとそこはもうオーストリアだと思うと不思議な感じ。宿で作ろうとハム、チーズ、パンなどを買ってきて宿に戻ってぱくついた。

部屋でネットできるといかん・・そればっかりになってしまう。今夜はヨーロッパ内の航空券の値段などを片っ端から調べまくる。調べものしにきたのか旅しにきてるのか分からなくなってきてる。。コンナンジャイカンノダヨナ、ホントウハ。。

ミュンヘン1日中ぐずぐず天気。だがしかし神様は見捨てなかった〜

3/21 ミュンヘン

10時前小雨の中街ブラ開始。どっかで日曜はお店も閉まり・・って書いてあった記憶が頭の片隅にあったのだが・・くいもんやを除いてすべてお休み!!昨日疲れていたので明日回ろう思っていた久々のデパート、電化製品屋すべてシャッタードーーーン!目抜き通り閑散。ケーニヒス広場、オベリスク、タシミリアン通り、マリエン広場と歩く。12時新市庁舎のドイツ最大の仕掛け時計らしくわくわくしながら12時が来るのを待つ。プラハの天文時計を超えるのか!!

12時の鐘が鳴り響き待つこと5分以上。人形がくるくる回り始め、そして数分後止まった。。え、終わり?回ってる最中次々に人々が去っていく中、まだなんかあるんじゃ・・と最後まで上を見あげ続けるがそれ以上何も起こらず。なんか寒い中もらえるはずだったお菓子をもらえなくて立ち尽くす子供のようであった。


【人形たちは回り、そして止まった・・】

これではミュンヘンがやばい!と思い近くのレストランへ。何故かドイツでウインナーシュニッツェル。おいしい。がポーランドのほうがうまかったかな。


【酸味のあるポテト旨し】

やることまったくないし雨も降ったり止んだりであまりに寒いので、一度宿に戻り昼寝したあと服を着込み再度外出。たまたま見つけた92mの塔を持つペーター教会の294段の階段を駆け上がる。


【ペーター教会】

上から降りてくる人とすれ違うのも大変な細い階段を上がり外に出てみると、おおおおおおお〜〜〜いい景色。今日一日ずっと天気が悪かったのに、何故か突然雲の間から太陽が顔を出し街を一気に染め上げる。このままではミュンヘンつまんねーとこだ、と言われる前に神様がちょっとええとこ見せたろ、とおもってくれたのか。


【太陽キタ〜〜〜】








【新市庁舎のてっぺん】

嬉しくなって写真バシバシ撮って気付いたらあんなにたくさんいた観光客は皆いなくなっていて最後の2人になっていた。時計見たら閉館の午後6時数分前。急いで会談を駆け下りる。


【なんかのお偉いさんの彫像がなぜかマイケルのお別れ碑になってた・・】

夕食はピザ。部屋に戻る前に水を買おうと駅近くのコンビニみたいなところでたまたま目に入ったソーセージゲット。パンに挟まれ出てきたホットドッグのそのお味は・・サイコーーーーーでした。ピザでお腹いっぱいだったけどあともう2本ぐらいいけそうなおいしさ。明日列車乗る前にもう一度いくことは間違いない。


【F君へ。2本目にしてうまいソーセージに出会えたよ!】

夜はバスタブにお湯を張り洗濯。現在部屋が水浸しである。。

外は時々強く雨が降っている。塔に登った時にだけいきなり晴れてくれてほんと良かった。。

ミュンヘン到着。ビールがうまい!(嘘。飲めない)

3/20 ミュンヘン【ドイツ】

バスにおける最高乗車時間16時間もなんのその。朝8時ミュンヘン到着。

チケット購入の際ミュンヘンには2つターミナルあるけどどっちにする?といわれたのでどっちが市内中心に近いの?と聞くと「知らない」といわれ愕然とする。(おまえ、さすがだな。バスチケット屋でこれかよ。お前も日本で研修受けて来い!)それでもユーロラインズのバスがつくターミナルがあったのでそっちを選択。そして正解。もうひとつはミュンヘン郊外の田舎であった。

着いたところはミュンヘン中央駅近くで予約した宿まで歩いて10分ほどの距離であった。で、すぐチェックインさせてもらい部屋に入るや否やネットで日本の書籍を売っている本屋を探す。持ってる地球の歩き方ヨーロッパ版だけではあまりに使えずできればドイツ版が欲しいのだ。しかしそんな本屋は見つからず。。

午後1時からミュンヘン散歩。中央駅前で最初のソーセージ。ミュンヘン名物白ソーセージ。ドイツソーセージは滅茶苦茶うまい!なんて勝手にハードル上がってたせいもあってか予想外に普通。



料金はバカ高。さすがドイツ。とうとう物価高エリア突入し見るものすべて高く感じる。

ロマンチック街道のバスチケットを探してみるがやはり5月くらいまではないみたい。鉄道での移動になりそう。(インフォメーションのアホ親父の態度にまた激怒。なんであんなのがインフォメーションで客対応やってるのか全く理解に苦しむ。ミュンヘンの好感度下げまくってる。誰かクビにしてくれ・・)

土曜日だということもあってか歩行者天国ノイハウザー通りは人でごったがえしていた。至る所にストリートカフェがでていてどこみても皆ビール、ビール、ソーセージ、ビール。さすがオクトーバーフェストの街。


【一度でいいから酒に酔っ払ってみたい】


【新市庁舎前】


【これは甘くておいしかった】

人ごみと暑さと昨日の夜行であっという間に疲労し駅でフュッセンまでのチケットを買って午後6時ごろには宿に戻ってきて夕寝。
プロフィール

koji

Author:koji
やったらやったでどーにかなるよ!のいい加減さと石橋叩きすぎ心配症の2面性を持つ男。
人生は一度きりとか言われるとなんかやたら焦る・・・

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
検索フォーム
メールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。