スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラハから夜行列車でポーランドへ

3/16 夜行列車(プラハ−クラクフ・ポーランド)

9時前に朝食をとった後も部屋でうだうだ過ごし12時チェックアウト。駅のコインロッカーに荷物を置いて最後のプラハのお散歩開始。

ヴァーツラフ広場から気の趣くまま歩く。



国民劇場からチェコ軍団橋を渡ったところに面白いモニュメントあり。階段手前に一人の男の像。後ろに行くにしたがってだんだんその姿は崩れていき最後には足だけが残るという作品。誰が作ったのか等何も情報なし。一人の人間の精神がだんだん朽ち果てていくような様を表現したかったのか、はたまた暗い過去から明るい未来への憧憬か。いろんなインスピレーション、想像欲かきたてられる刺激的ないい作品であった。



午後9時半の出発まで時間だけはたんまりあるので、またプラハ城まで道を変えて歩いて行く。今日も曇り時々粉雪の天気で寒い。美しいプラハの街との別れを惜しむようにカメラのシャッターを押し続けた。









午後9時前には駅に到着。最後の現金をコンビにで使い切り2番ホームに向かう。ほとんど客もいず6人用2等コンパートメント貸切状態。


【さすが外人、絵になるぜ〜】

【ビン投げていいってこと?外のりだしていいってこと?】

21:32 定刻発車。さらばプラハ。また縁があれば3度目は是非夏に。あっという間にプラハを離れ列車はほとんど真っ暗な中を走る。時々見える光はゆっくり落ちていく雪を寂しく浮かび上がらせるだけ。途中からは雪景色一色になる。人の気配がほとんど無い列車は暗闇の中をただ走るだけ。

客がいない夜行列車で鍵のかからないコンパートメントっつーのもちょっと緊張して寝付ける気配なし。どこでも寝られる羨ましい特技を持つ相棒は既に横になって爆睡中である。番犬は寝られない。。
スポンサーサイト

雪舞うプラハ城

3/15 プラハ


【さすがプラハ。ふたもお洒落】

朝食後2時間ほど寝て11時頃トラムで旧市街へ。天気は下り坂のようだが今のところプラハ初
青空。写真を撮ると蒼く写る空が嬉しい。



天文時計で12時の鐘を聞いたあとカレル橋を渡りプラハ城へ。
聖ヴィナート大聖堂、黄金小路、聖イジー教会、旧王宮などをゆっくり見て回る。




【聖ヴィナート大聖堂内部はたくさんのステンドガラスが】


【大聖堂は見る場所を変えるとまったく違う建物に見えて面白い】

途中、舞う雪に煙る聖ヴィナート大聖堂は映画の1シーンのようで美しかった。でももう3月中旬だというのにこんなに寒い毎日はなんだ。おかげで着る服が毎日同じだ。。


【下から上がってくるようなふわふわ雪だった】



カレル橋の近くで餌を与え鳥を集めていた青年がいた。直向に餌を投げる真面目そうな青年を見て思った。「あーゆー人はすげ〜心やさしい人か、ちょっとおかしいのかのどっちかだな。。」30年後もあの場所で餌をやってそうな気がする。。




今日はそれぞれ違う場所でホットドッグを計3本。ふつ〜においしい。



途中鉄道駅に立ち寄り明日の荷物を預けるところを確認し夕方7時過ぎ早めに宿に戻った。


【部屋に冷蔵庫なくても外に出しとけば一気に冷え冷え】

やっぱりプラハの景色はサイコ〜〜〜〜〜〜です

3/14 プラハ

昨日日中列車でよく寝たこともあり夜中なかなか寝付けず。ホテル予約サイトの口コミで評判の朝食はフツ〜であった。

11時プラハ観光に出撃。天気は今ひとつで今にも泣き出しそうな空。傘持って出かける。トラム9番で旧市街のほうに行き火薬塔、市民会館、共和国広場。旧市街広場では天文時計。


【天文時計】

再会を待ちきれないようにカレル橋へ。旧市街側の橋塔に上がりプラハの街を見渡す。う、美しい。何度見ても美しい。空は曇っていても美しい。カレル橋が工事中でも美しい。教会の塔とオレンジの屋根が美しい。寒くても美しい。塔の上で寒さに震えながらどうせ青空のプラハが見られないならせめて雪の中のプラハを見てみたいと思った。。






【カレル橋は工事中】

プラハ城の近くまで行ったがすでにクローズだったので明日出直し。


夕方バスターミナルへチケットを探しに行くも直行は無いと言われプラハ本駅へ。スリーパーは結構な値段だったので2等シートでポーランド・クラクフまでのチケットを購入。

次の行先も決まったところで夜景を見に街を徘徊。ヴァーツラフ広場経由でカレル橋まで歩き旧市街を散歩。さすがプラハ、夜景も一流。


【ヴァーツラフ広場】

【プラハ城】

晩御飯は旧市街広場近くのレストランでチェコ版グヤーシュとクネドリーキ。



蒸しパン生地に砕いたハムが入っているものにキャベツの漬物みたいなやつが添えられているものの2メニュー。



これがまた両方とも超うめええええええええ〜〜〜〜。感動した。グヤーシュもハンガリーでの雪辱を果たす一品。

幸せな気分で夜10時過ぎ宿に戻る。午後11時雷鳴轟き雹が落ちてきた。。明日は綺麗に晴れてね。

さっきiphoneに落としたWe Are The World 25 For Haitiを何度も何度も聞いた。昔のも持ってるけどほんといい曲だ。何回聞いても聞き飽きない曲だ。

ハンガリーからチェコ・プラハへ

3/13 プラハ【チェコ】

11時のチェックアウトタイムまで部屋でグダグダ。この宿着いてから出て行くまでずっとグダグダ。いい宿も良し悪しだな。。ただここまでの旅の疲れは完全に取れた。

ブダペスト東駅に行く途中で中華レストランで昼食をとり午後1時頃駅に入る。ホームにはちょっと小汚い列車が既に入線していたので早速2等の自分の席についた。


【ブダペスト東駅】



13:28 定刻発車。コンパートではない2-2配列の普通の座席。天気が良くない上、窓が汚れていて写真も撮れそうもないのでほとんどの時間を寝てすごす。途中スロバキアの首都ブラチスラヴァ通過。パスポートチェックもまったくないまま20:20プラハ本駅到着。外は小雨。9番トラムに乗り予約していた宿を目指す。チェックインしたホテルはこれまたグッド。新しく明るい内装、高い屋根、ブッフェ朝食もついて2人で20ユーロはホントにお得。これからここで3泊。

すぐ隣のレストランに行きピザの晩御飯。相棒は早速チェコビールをご賞味。お酒飲める人がうらやましい。飲めたら旅がもっともっと楽しくなるんだろうな。。

プロフィール

koji

Author:koji
やったらやったでどーにかなるよ!のいい加減さと石橋叩きすぎ心配症の2面性を持つ男。
人生は一度きりとか言われるとなんかやたら焦る・・・

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
検索フォーム
メールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。