スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年4月。バンコク・スクンビットで日本人用ゲストハウスオープンさせました。

3度の飯より旅が好きな人間が一度はきっと考えること。

「ゲストハウスやったらいろんな旅人と知り合えて楽しいだろうな。。」

2011年に2年にわたる世界旅行を終えてバンコクに移り住み4年が過ぎ、昔からな~んとなく考えていた旅好きなみんなが集えるところがあったらいいのにという思いを実現させてみました。

1.jpg

場所はバンコク、日本人が多く住むスクンビットという交通の便のいいエリアにあります。

1階には日本食レストランもあります。

1 (2)

2.jpg

3.jpg

3 (2)

s.jpg




↓ご予約はこちらからどうぞ↓



バンコク・スクンビットの日本人宿すいかハウス



このブログを覗いてくれてる人に実際会えることができたら、そんな縁に心躍ることは間違いないと思います。

もしバンコクに立ち寄ることがあったら是非お越しください!お待ちしています。




スポンサーサイト

バンコクでタイの運転免許証への書換え

12Nov2013 Bangkok THAILAND

そろそろ学生ビザの更新に行かないと・・と思いながらふと考えた。

そうだビザのあるうちにタイの運転免許証とっておこう!

で、昨日準備したこと。

・スクンビット93のクリニックで①健康診断書取得(120B)
・日本大使館で②在留届出済証明書(780B)、③英文に翻訳された日本の免許証の証明書(780B)取得
・④コピーいろいろ(顔写真のページ、直近の入国スタンプのページ、出国カード、日本の運転免許証&①②③)

上記のものを2部作成し(車とバイク、2枚取得のため)、パスポートを持っていざ午後1時、BTSバンチャック駅降りてスクンビット99を超えてすぐの陸運局へ。

023.jpg

001.jpg
【陸運局】

建物入ってすぐのカウンターで申請用紙をもらい名前(のみ)を書いて10番のカウンターへ行き提出書類のチェック、コピーした用紙それぞれにサイン。ちょっと持たされたあと受付番号をもらい16番の部屋へ。

017_201311122111369c4.jpg
【入口入ってすぐの受付カウンターで用紙をもらう】

018_20131112211200cf4.jpg
【10番カウンターで提出書類のチェックを受ける】

*足りないコピー物があれば教えてくれるのですぐ近くのコピー屋で作成できる
*念のため持って行ったEDビザのページのコピーは今回不必要であった

003_201311122111319a1.jpg
【番号札をもらってテストの部屋へ】

16番の部屋では40人ほどが集められ順番に色盲、視界、反射神経、深視力のテスト。小学校の体力測定のような軽い雰囲気で進められ、また係のおばちゃんも失敗した人に何度も笑顔でトライさせ、見る限り落ちた人は1人もいなかった。部屋の前のテレビモニターで前もってテスト内容が確認できるビデオを流しているのでそれを確認しておけば迷うことはない。おばちゃんが書類にOKチェックをしてくれてあっという間にテスト終わり。

002_20131112211129509.jpg
【テスト前に内容をモニターで確認】

書類を持って8番のカウンターへ行き番号をもらい待つ。

013_20131112211133843.jpg

番号が表示版で呼ばれたらそのデスクへ行きその場で写真をとられたあと発行手数料&写真代(車205B、バイク155B)を支払う。移動することなくそこに備え付けの機械から免許証がうぃーんと出てきて全て終了。

020_20131112211201c35.jpg
【車用とバイク用の2枚】

この時点で午後2時。ものの1時間で何の問題もなく終わり。1年後の更新時ノンイミのビザがあれば5年間有効の免許証がもらえるとのこと。

かかった代金全部コミコミ2060B也。


(2013年11月12日時点での情報です。提出書類等内容につきましては当方責任持てませんので変更等にご注意ください)

バンコク初の大晦日カウントダウンはセントラルワールドで

31Dec2012 Hanoi-Bangkok THAILAND

IMG_0283.jpg

朝6時、タクシーで空港へ。暗いうちから市場のようなところでは大きな荷物を抱えた人がたくさんいて大晦日用のお仕事の準備なのか、と勝手に想像する。

30分ほどで空港到着。相変わらず愛想のない空港の面々に改めてベトナムを感じながらなんでこの国に5回も来ちゃってるんだろうと自問。それでも来ちゃうというのはそれだけ縁があるのね。

9時頃ハノイを飛び立ち10時半頃にバンコク到着。大晦日のバンコクは信じられないくらい道がガラガラ。ドンムアンから家まで全く混むことなく到着。いつもこうだったらいいのに。

夜11時過ぎセントラルワールドへ向かう。大晦日は中国・北京、ペルー・マチュピチュ村、ベトナム・チャウドックときて、今回以外にも初めて迎えるタイでのお正月。

チットロム駅で降りると歩行者天国となったスクンビットにはもはや大勢の人が繰り出していた。ラーチャダムリとの交差点を超えセントラルワールドの会場に辿り着いたところで立錐の余地なし状態で殆ど動けなくなり腹痛を感じながらカウントダウンを待つ。

12時、めでたくカウントダウンと花火で新年を祝ったあとすぐさまプルンチットまで歩きBTSで自宅へ。

IMG_0279.jpg

今夜は特別に午前2時までBTSが動いてるとのこと。乗れなかったらどうしよう、と心配していたが結構早い時間に乗ったからか思いのほか乗客は少なかった。

タイ・プミポン国王誕生日記念式典に感動する

05Dec2012 Bangkok THAILAND

タイ、プミポン国王の誕生日を祝うドゥシット宮殿での記念式典を見にいくことを昨夜タイの友人と急遽決定。映画館で上映前に必ず流れる国王賛歌のフィルムの最後にでてくる広場を埋め尽くした国民が国王に向かって旗を振るシーンに一度参加したいとずっと思ってた。

タクシーでホアランポーン駅に朝6時到着。そこで友達と合流しタクシーで宮殿近くへ。宮殿前までタクシーは入れないので近くで降りて会場まで歩くことに。近くではタイの各地から来たであろう大型バスが流れていた。

DSC09451.jpg
【06:30どきどきしながら会場入り】

会場はすでに数万人の黄色のシャツを着た人でいっぱい。無料で配られている旗を手にとにかくアナンタ・サマコム宮殿に近づけるよう(Anantha Samakhom)前へ前へ。

DSC09454.jpg
【この人達一体何時からきてんの・・】

昨夜から場所取りのためずっと待っていると思われる人で宮殿前広場は既に人で埋め尽くされていた。うろうろしながら隙間を探すもとても割り込める状態ではなくとにかく時間をつぶそうとちょっと離れたところで座って待つ。そこには影もあったので助かったが広場で待つ人々には遠慮ない直射日光が注ぐ。でもそんな暑さよりこれから国王に会えるという思いの方がきっと熱い。

DSC09457.jpg

DSC09475.jpg

DSC09486.jpg

王様が登場するといわれる午前10時半の1時間前、とにかく宮殿正面で座れるところを、とうろうろし始める。どうにか通路にあたる部分に隙間を見つけホッとしたのもつかの間警備にあたっている警察らしき人に追い出しを食らってしまう。え~まじで~、じゃもうちょっと後退するかと移動しようとしたときそれを見ていた敷地内のおばちゃんがおいでおいでをしてくれた!タイ人マジ優し~!

DSC09506.jpg
【ホッとしたところで友人と一枚】

会場にいくつか設置されている巨大スクリーンからは療養中の病院から向かってくる車が映され
すれ違う数秒の為に何時間も前から待っていたと思われる人たちが沿道から旗を振る。

知らない間に式典開始。インラック首相をはじめお偉方によるスピーチはそっちのけでスクリーンに王様が映し出されると「ソンプラジャルーン」の大合唱。黄色い群衆が一斉に旗を振る様は感動的であった。座っているところからだとバルコニーに座る王様はほとんど豆粒。でも肉眼で見えた。持ってきた双眼鏡で凝視。

DSC09517.jpg
【遂に正面バルコニーに国王登場!!】

DSC09519.jpg
【インラックのスピーチ】

会場からは「ソンプラジャルーン」(王様に繁栄あれ・国王万歳)の声が上がり、ここに招いてくれたおばちゃんもひたすら叫び続ける。王様どんだけ国民に愛されてるんだよ。。

DSC09522.jpg

11:30am式典終了。数万人の観衆は一気に広場から外へ向かって流れ出す。20分ほど歩いたところからバスを捕まえ大渋滞の中パンティッププラザまで。うますぎるすいかシェイクを一気に2杯とちょっとしたランチを取り大イベント終了。

DSC09536.jpg
【招きいれてくれたおばちゃん達と最後に一枚。ありがとう】

前夜の寝不足と数時間浴び続けた直射日光のせいで正直疲労困憊したもののこの目でほとんど伝説と化している王様見れてよかった。世の中いろんな王様いるだろうけどこんなに国民の敬愛を一身に集めてる王はいない。。王様はずっと病院で療養中で今回国民の前に直接姿を見せたのは3年振りとのこと。タイ国民の為にまた来年も元気で姿をみせますように。

あー、俺もすっかり王様の大ファンになってしまった。

行った国マップ



さらばサメット。次はいつ・・

18Sep2011 Bangkok THAILAND

samed (4)
【泊まった宿】

嫁に言わせるともともとついている朝食ブュッフェほど嬉しいものはないらしい。というわけで8時半ビーチ前のレストランに行きしこたま食べる。味は普通。

12時のチェックアウトまで殆どいない魚を求めて湾をうろうろシュノーケリング。本日マイゴーグルに水が入ってくることを再々確認。先日のチャン島の時は伸びた髭が浸水の理由かもしれん、と思い剃って行ったが結果は同じ。ガッカリ。だが短い足ひれは最高である。綺麗な水中なら1日中浮遊する自信あり。

samed (5)
【ウォンドゥアン湾】

午後1時、隣のウォンドゥアン湾からボート、バンペー2時発のバスでバンコクに戻る。久々のサメット島。海中は決して美しくないけれどバンコクから近くお手軽なのでまた気が向いたら行くとしよう。

家でシャワーを浴びるまで気付かなかったが背中は真赤になってた。。

サメット島へ

17Sep2011 Ko Samet THAILAND

日頃お疲れの嫁を慰労すべく今週末はサメット島へ。

エカマイバスターミナルから朝8時発のバスに乗り込み11時半バンペー到着。

samed (1)

12時過ぎにナダン行きボートに乗り40分ほどでサメット島ナダン港到着。

10数年ぶり3回目のサメット島。こんなに建物あったっけ?と思うほどバンガローだのレストランだのが並んでいたが、でこぼこの道は相変わらず。

こんなに高いの?の公園入域料200バーツはタイ人と勘違いしてくれ40バーツでOK。ソンテウでチョー湾を目指す。

予約しておいた宿に荷物を置いて早速ビーチへ。宿前のビーチはここの宿泊客しかいないようでとても静か。あまり綺麗でない水中を伺った後はお昼寝。

samed (2)


夕食をここで取るのはさびしい感じだったのでサイケオビーチへ。ここは週末を過ごすちょっとお金持ち風のタイ人でいっぱい。お昼を取っていなかったのでおなか一杯タイ料理をいただく。

samed (3)

帰りはシェアできる人もいずソンテウチャーター200バーツ!さすがの島価格だが高過ぎ。

マジで泣ける・・タイのコマーシャル


なでしこすげ~な。感動した

14Jul2011 Bangkok THAILAND

女子サッカー本気で見たの初めて。結構すごい。

我がなでしこは子供が大人をいたぶるように体格差を全く感じさせず圧倒的であった。

決勝楽しみ。アメリカちんちんにしてやれ!

去年はフィリピンでW杯見てた。あれからもう1年。。早い。

タイ語学校第1ターム終了

08Jun2011 Bangkok THAILAND

今日はタイ語学校の20日間にわたるスピーキングレベル1クラスの最終日。

先生はとにかく明るくて一生懸命教えてくれたし、生徒側もみんな楽しい人ばかりであっというまの楽しい20日間であった。なんと珍しく遅刻、欠席なし。次のクラスは来週月曜日から。何人かは今日でサヨウナラ。さびしい限りである。。

080611.jpg
【サイコーに楽しいクラスでした】

夜7時半指定されたオフィスに行き8時半車に乗り込みツーリストビザを取るためラオス・ビエンチャンを目指す。客はウズベキスタン4人、日本人2人、インドネシア、フィリピン、アメリカ、ルーマニア各1人。
プロフィール

koji

Author:koji
やったらやったでどーにかなるよ!のいい加減さと石橋叩きすぎ心配症の2面性を持つ男。
人生は一度きりとか言われるとなんかやたら焦る・・・

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
検索フォーム
メールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。