スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベリーズからグアテマラへ

07Dec2010 Flores GUATEMALA

6時前起床。
07:10キーカーカー(ボート)07:40ベリーズシティ
10:00ベリーズシティ(バス)12時頃ベリーズ−グアテマラ国境
荷物チェックもなく入出国手続き問題なし。ただツーリストカードのやり取りがなかったのは何故?あとあとこれで今後国境でぐだぐだ言われなきゃいいけど。
12:55国境出発(バス)午後2時ごろフローレス到着。グアテマラに入り道の舗装がなくなり、家々も明らかにボロくなった。ここは中米のラオスだ。

チェックインした1000円ほどの宿のバルコニーからはペテン・イツァ湖が目の前に見える。



ここに来る前立ち寄ったショッピングモールに再度トゥクトゥクで行き晩御飯はピザハットでお腹一杯。スーパーに行ったら物価はかなり安かった。



夕方フローレス島の宿に戻ってくると一帯はお祭りのようになっていた。簡単な屋台、演奏、爆竹で田舎のちょっとした楽しみといった風情であった。

スポンサーサイト

ベリーズ・ブルーホールに潜った!すごかった!痛かった!Life is Good!

06Dec2010 Caye Caulker BELIZE



朝5時前起床。5時半にダイブショップに行き簡単な朝食。11人ほどの客の中に先日シュノーケルで一緒だった80歳位にも見えたイタリア老人(双子か?)がまたシュノーケリングで参加していた。




【かわいすぎる小島】

6時過ぎにボートに乗り込み70キロほど離れた憧れのブルーホールに07:50到着。上から見ると緑の海にぽっかりと青く穴が開いているようにみえる。

bluehole.jpg
(ボートからはよく分からない・・)



【ブルーホール内側】

25分ほどのダイブ。深度40mの世界はこりゃもうマジでやばかった。そこは海中というより宇宙。いわゆる穴なので壁がハングオーバー状に迫り、鍾乳洞のようなつららが下に伸びたりしてもう一体ここはどこなんだ状態。見えない底は青黒くちょっと気を許すと落ちていきそうな錯覚に陥るブラックホール。ダイビングで初めてちょっとした恐怖感を感じた。あれ、どうやって呼吸すんだっけ?とちょっと考えたりしたほどだから良くも悪くもすごく舞い上がっていたんだと思う。

ボートに上がってここに潜るためだけにベリーズに来たのだと思うとすごく満足した気分に溢れた。


【満足満足】

1本目がすごすぎて場所を変えて潜った2本目、3本目はあんまり記憶なし。


【ランチ後休憩で来た島はグンカン鳥Booby birdのコロニー。小さな展望台に上がるといきなりこんな感じで現れてビックリした】



1本目の深いところでちょっと耳を痛め3本目は耳抜きがうまくいかず楽しくなかった。あとフィンのゴムが踵の皮を削って痛かった。

昨日予約するとき天気は回復しないかも、なんて言われてたが天気も回復。つらい2時間の帰路も途中イルカが併走してくれたりして今回の旅の目的の一つは大満足。US$180のツアー代金も納得してしまうスゴサであった。世の中には想像を超えるすごいところがあるもんだ。

午後4時ツアー終了。

ちょっとお昼寝した後、代償に払った耳の違和感を強く感じながらいつもの中華でベリーズ最後の食事。しかし疲れた。。

海の底から魔女に足を引きずり込まれる夢を見そうな気がする。。あと地球上から海が干上がるならこのブルーホールがどういう風になってるのか見てみたい。

旅に出てヨカッタ!
Life is GOOD!



キーカーカーは中国人多し

05Dec2010 Caye Caulker BELIZE



夜中雨が降る音が聞こえ夜があけてもどんより暗く寒い。今日ダイビングしなくて逆に良かったのか。。で、何にもやることない一日。
午前中はWIFIのつながるカフェ、昼は中華レストランでチョプシー。

ちなみにここキーカーカーは中国人が多くスーパーマーケットはすべて中国人がやっていると思われる。我々の泊まってるホテルもその名がチャイナタウン。なんだこの名前のセンスは。。

明日のダイビングを予約して晩御飯は宿のレストランでチャーハン。ここは中国か?

明日はとうとうブルーホール。ちょっと緊張する。。

ベリーズバリアリーフでエイに囲まれる

04Dec2010 Caye Caulker BELIZE



朝10時頃宿の人がドアをノックして友達が来てるよ、と伝えに来る。相棒が降りていくとそこには昨日生き別れたトミーが立っていた!!はえええ!

昨夜のうちに泊まってる宿をメールしておいたがそれは読んでないらしい。なんで泊まってる宿が分かったのかと聞くと建物の雰囲気、海からの場所から泊まりそうな所を検討つけながら聞いて回ったとの事。ここキーカーカー、宿はゴマンとあるが4つ目で当てたらしい。すごいよ、その推理力。まじで。旅人もいいけど探偵にでもなった方がいいんじゃねーの。。


【というわけで再会を祝して一枚】

コーヒーで早い再会を祝い午後2時からは早速シュノーケリングツアーに参加。



今日のシュノーケリングは3箇所のポイントを回った。シュノーケルギア問題なし、透明度最高、水温丁度の最高のコンディション。2つめのポイントはエイに囲まれ、サメを追いかける俺の姿をバラクーダが見つめてる、そんな最高の場所であった。


【サメ退治】




【エイ退治】




今までいろんなところでシュノーケリングしたけど過去最高に楽しい2時間半であった。



が、しかしそんな楽しいひと時の中にも悲劇が。トミーの防水デジカメが壊れた。それもヤドカリ追いかけてる俺の手の中で。。どうやら原因はバッテリースペースに海水が入ったということだったので犯人じゃないことは理解してもらえたらしいが、俺がたまたま撮ってる時に壊れてくれるなよ。。



【最後にロブスター、食うか!】

明日のブルーホールのダイビングはいくつかダイブショップ回ってみたもののどこも人数集まらず催行されないとのことだったのでまた明日探すことに。

夜は中華レストランでエビチャーハンとバナナアイスで終了。

ベリーズ国境でムカツク。

03Dec2010 Caye Caulker BELIZE

朝4時起床。5時カンクン発のADOバスで寝てる間に11時チェトマル到着。


【バスの運ちゃん、でかい対向車に必ず挨拶】

タクシーでヌエボメルカドに行きお昼12時過ぎベリーズ・オレンジウォーク行きのおんぼろバスに乗る。30分ほどで国境に着きメキシコ出国、午後2時にはベリーズ入国を終えすんなり次の町へ行く・・はずであった。。



トミーはまだベリーズのビザを取得してなくこの国境で取る予定であった。パスポートコントロールで書類を書くトミーを見ながらビザを持ってた我々は早々と税関をパスし金網の向こうでトミーが来るのを待っていた。。

10分、15分過ぎて、なかなか出てこないな・・と思ってたら青ざめた(いや、黒く焼けすぎて青くなっているかどうかは定かではないが。。)トミーが「1週間前からこの国境ではビザ取れなくなったみたいです・・」とウナダレテ出てきた。金網の向こうのトミーはまるで囚人のようであった。


【それがこの金網】

実はチェトマルのおんぼろバスには1人国境で働いているという怪しいベリーズ男が同乗していてアレコレ言って俺達に近づいてきていた。そいつもトミーと一緒にいて「俺が助けてやる。150USドル、いや100USドルで今日これからビザが取れる」とか言い出す。その怪しさにすっかり怒ったトミーは「とにかくこれからチェトマル戻ってビザ取ってくる」と言い残しまたメキシコに戻って行った。さっき出国のハンコ押されたのにどうやって戻るつもりなんだ。。

我々を乗せていくはずのバスは我々を待つはずもなくとっくに姿がなかった。置き去りにされた我々は次のバスを待つ羽目に。どうにかバスを捕まえてオレンジウォークの町に着いたのは午後3時半であった。



15:45冷蔵庫のようなエクスプレスバスに乗り17:20ベリーズシティ到着。すぐタクシーで船着場まで行き17:45発のボートで18:30キーカーカー到着。

キーカーカーに着いたときはすっかり陽も落ち寂しい感じ。小学生の客引きにやたら遠くの宿に案内され気にいらなかったので断ってまた戻る羽目になり疲労3倍増。朝4時に起きて今日1日、かれこれ7つの乗り物を乗り継いでここまで来て病み上がりの相棒は疲労と空腹で疲れ切っていた。宿を決めた後この2日間殆ど何も食べてない相棒を励まそうと(いや俺も食べたかった・・)晩御飯はロブスター丸々1匹ずつ!の大盤振舞。生まれて初めて縦半分に叩き割られたロブスター1匹独り占めできて幸せであった。

やたら乗り継いだ体力的な疲労とあの怪しくも卑しいベリーズ男への苛立ちで心身ともに疲れ果て結構早い時間に夢の中へ。。
プロフィール

koji

Author:koji
やったらやったでどーにかなるよ!のいい加減さと石橋叩きすぎ心配症の2面性を持つ男。
人生は一度きりとか言われるとなんかやたら焦る・・・

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
検索フォーム
メールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。