スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完全に風邪ひいた。インフルエンザ?

20Dec2010 San Jose COSTA RICA

朝7時半、重い体を引きずってキッチンへ。ここの朝食は1枚づつおばちゃんが焼いてくれるパンケーキ。1度に2枚しか焼けないため早めに行って並ぶしかない。鼻づまりで最早殆ど味を感じなくなっていた。。

朝食を取り終えるとすぐ部屋に帰って横になる。体調が段々悪くなっていくのは明らかだった。トイレットペーパーで鼻をかむとあっというまに周りが赤くヒリヒリした。

一日中寝るというのも不可能なので宿からすぐ近くの動物園へ。こじんまりとした動物園で動物の種類も少ないが客もいなく貸しきり状態で結構楽しめた。







ただ寒く、雨が今にも落ちてきそうな生憎のお天気。関節の節々が痛くなってくる新展開。寒気も襲ってくる。え、もしかしてインフルエンザ??

宿に戻ってからはずっと横になる。マットレスが柔らかく腰も痛くなってきた。今日国際バス乗ってたらちょっとやばかった。相棒がフルーツやお菓子を差し入れて看病してくれる。ありがたや、ありがたや。

よりによって19時間バスの前日にこうなっちゃうなんてね。パナマシティまで体もってくれるといいけど。

ああ、きついよ。。
スポンサーサイト

サンホセでまた風邪ひいた

19Dec2010 San Jose COSTA RICA

5時過ぎ起床。喉が痛い。

6時半発のバスに乗り11時過ぎサンホセ到着。


【車窓からは美しい大自然】

今日は日曜だからか車が少ない。代わりにクリスマス前のショッピングを楽しむ人で歩行者天国はたくさんの人である。

たまりにたまった洗濯物を出しお昼はジモッチー用ピザ屋へ。ピザの下からゴキブリ飛び出してきてびっくりする。

ハンモックに揺られながらお昼寝。どうやら風邪の兆候。またひいちゃったか…明後日には19時間のバスが待ってるというのに。

晩御飯はケンタッキーでしこたま栄養をとる。が、体調は悪化の一途・・

モンテベルデ自然保護区で幻の鳥を見た!! Life is GOOD!

18Dec2010 Santa Elena COSTFA RICA



朝5時過ぎ起床。6時15分のバスに乗りモンテベルデ自然保護区へ。昨日予約しておいたガイド経験11年のダニーロさんと会う。ユーモアのある感じのいい人。

7時、我々が本日一番乗りでモンテベルデに入る。入口から歩くこと約5分。ここがケツァールを見られる可能性の一番高いところらしい。

その夢の鳥ケツァール。グアテマラの国鳥で紙幣にも印刷され、そのお金の単位もなんとケツァール。ビッグマックセット25ケツァール、という感じである。手塚治虫の火の鳥のモデルでもあるとか。因みになかなかお目にかかることができないようで、今日来てた観光客の中にはコスタリカで挑戦5カ国目だとか…

30分ほどガイドは双眼鏡を構え目を凝らすが、そのお姿は何処にも見えずあと15分探していなかったら移動しよう、ということになった。その時間も過ぎ諦めかけてた時、上から何かが落ちて来た。



ガイド曰く、ケツァールはアボガド食べた後消化した後吐き出すらしく、それが落ちて来たのを見逃さなかった。「グッドサイン」と言ったのもつかの間、「ケツァール!」と叫びあっという間に望遠鏡をセット。除くと緑のメスのケツァールが!


【まじ〜〜〜ケツァール】

続いてカラフルで美しいオスも登場。ケツァールを見たものは幸せになるらしいが、私はもうこの時点ですっかり幸せ者になっていた。ケツァール見ちゃったよ、この目で!嬉し〜!


【嘘だろ〜オスも登場!!】



約30分間の間に何度かケツァールを見ることができすっかり舞い上がった私は、その後のことを殆ど覚えていない。と言うかなんか獲物あったっけ?


【蛇の頭に見える蝶】


【コーヒーの実。飲めません】




【レストランにはハチドリ】

10時、ガイドツアーは終了。やたら美味しいコスタリカコーヒーを飲んで再度森の中へ。ガイドなしで何か見えるかな、と思ったが、はっきり言って素人には絶対無理。2時間ほど歩いて全く獲物なし。気温も上がって来て生き物達も休憩か?午後1時入口に戻って来た。はっきり言ってどーでもよかったのである。ケツァールさえ見られれば、それだけで。







一度宿に戻りサンドイッチ食べて休憩した後、午後5時からナイトウォークへ出発。森の夜の散歩にはしゃぐ子供達を筆頭に15人程のグループは一列になってトレイルを歩く。

全く動こうとしないなまけものから始まり、葉切りアリ、ハナグマ?、ヘビ、ケツァールの親戚、タランチュラ…さて次は何?と思ったらもう終わり。いまひとつの内容だったけれど、ま〜、いい。今日はケツァールがスベテ。


【よくみえなかったナマケモノ】


【めちゃくちゃ働く葉切りアリ】






【最後にタランチュラ】


8時過ぎに宿に戻り2夜連続カップヌードル食べてベッドへ。

3ヶ月前にこの宿をオープンさせたYorleさんは商売熱心でカードをサンホセに置いてきてくれなどと頼まれる。でも清潔で安くていい宿である。至る所に貼られてある注意書きが多いのが興醒めではあるが。



サンホセからサンタエレナへ

17Dec2010 Santa Elena COSTA RICA

朝8時、パンケーキが焼けるのを待つ人でごったがえす朝食は諦め、フロントの兄ちゃんにコパエアーにスペル変更の電話してもらうも、直接オフィスに来いというので早速20分歩いて訪問。コパのおじさんは笑顔で変更してくれた。ちょっと焦っちゃったがためにこんなに面倒くさいことになって自己嫌悪。でも無事変更できてよかった。

この足で近くのTICAバスのターミナルへ。20日のパナマシティ行きは満席だという。よく聞くと21日しか空いてない、それもあと6席!せ、セーフ。ではパスポートをだせという。あ、パスポートいるんだった…トミーのパスポートはもちろん持っていないので買えず。バツは悪いが自分たちのだけ買って急いで宿に戻りトミーにすぐ買いに行くよう急かす。


【通りでは宝くじ売りでいっぱい。年末ジャンボ?】

どうにかチケットをゲットして帰ってきたトミーもチェックアウトして昨日の晩御飯食べた中華でブッフェの昼食。ここサンホセ、ファーストフードの値段がかなり高い。

午後2時半、外人観光客でいっぱいのバスでサンタエレーナに向かう。



後半、未舗装のクネクネ山道を行くこと4時間半サンタエレーナ到着。

1人8ドル、プライベート、朝食付きにつられ歩いて5分程の宿に入る。晩御飯にスーパーで買ってきたカップヌードルをすすりながら静かな夜を過ごす。


【トミーもご機嫌?】




南米リマ行き決定。しかし・・

16Dec2010 San Jose COSTA RICA



朝8時過ぎ、シャワー一つ浴びることなく逃げるように宿を出る。


【泊まったのはここ。地元率100%】

アベニーダセントラルのマクドに入って初めて一息つけた。はぁ。

まだ部屋が空いてないバックパッカー宿に荷物を置きサンホセを町ブラ。なんの特徴も無い正直つまんない町。






旅行会社をいくつか回ってリマまでの航空券を探した。正直予想より高い…

宿は共有スペース広くて居心地最高。ネットやってると午後5時過ぎTICAバスルートのトミー登場。

空席状況から、もうサンホセからリマに飛ぶしか無いか、と諦めつつコパエアーの空席状況を更新しまくっていたら突然23日発の空席が出た。焦るように予約。取れた。確認メールが届く。それを見て凍りついた…

名前のスペルを間違えてた…

その伏線は数時間前にあった。ある時コパエアーに22日の空席が出てきたものの結果的にうまく予約できなかった。こんなこともあってとにかく早くコンファームさせなくちゃと焦ったのだ。あとたまたまパソコン画面も小さくしてた為に、jiと打つところをijと打ってしまってたことに気づかなかった…アホ…超自己嫌悪。

プチパニックを起こしながら、解決方法を探す。お、チャットサービスがあるではないか!早速接続し係が出てきてどうしましたか?などと聞いてくる。実は名前のスペルを間違えちゃって…と打ってたら、宿のwifi回線が落ちた。なんちゅう運の悪さ。イラつき5倍。

回線が回復したと思ったら、チャットサービスは終了しててメゲる。とりあえずメールで変更依頼を出して今夜は終了。

プロフィール

koji

Author:koji
やったらやったでどーにかなるよ!のいい加減さと石橋叩きすぎ心配症の2面性を持つ男。
人生は一度きりとか言われるとなんかやたら焦る・・・

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
検索フォーム
メールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。