スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パナマシティーで中米無事終了、明日から南米スタート!

22Dec2010 Panama city PANAMA

到着遅れを願うと早く着く。朝4時パナマシティー到着。7時までバスターミナルで過ごしタクシーで新市街の宿へ。シャワーを浴び荷物を置いてタクシーでパナマ・ビエホへ。



世界遺産の1つだがあまりにもショボいので有料入場せずにとっととまたタクシー乗ってパナマ運河へ。



太平洋と大西洋、南北アメリカを結ぶパナマ運河。これを見るためだけにパナマに来たといっても過言ではない。



そこはでかいコンテナ船が次々に行き来して・・と思っていたら今日の予定は2隻のみ。その2隻目は3時間後だというので水門の開け閉めを見るのはこれまた諦めて旧市街へ。



旧市街のフランス広場からは海の向こうに新市街のハイライズが見える。



旧と新、貧と富。歩いて新市街の方へ行こうとすると警官にとめられる。スペイン語で話しかけてくるが何言ってるのかさっぱり分からない。勝手な想像ではこの先治安が悪いから行くな、だと思われた。その警官は親切にもタクシーを止めて値段交渉してくれた(この時、止めるタクシー、止めるタクシー、10ドルとボリにきてたが、警官が言うと3ドルになった)。世の中警官といえば悪い奴の代名詞だがいい人もいるもんだと嬉しくなった。

あとは新市街をちょっと歩いてパナマシティー観光終了。ここは米ドルが流通通貨なのでいくらか南米用におろしておいた。



夜はマクドでトミーと最後のルート会議。1ヵ月後にボリビアでの再会を約束。

中米は今日で終わり、明日から最後の未踏の大陸・南米スタート。中南米ツアー165日のうち84日と半分以上をこの狭い中米で使ってしまった。無計画が招くいいかげん旅ならでは。。
スポンサーサイト

中米最後の国、パナマへ出発

21Dec2010 (夜行バスSan Jose – Panama city)

7時半の朝食パンケーキを食べすぐまたベッドへ。昨日よりは大分楽になった感じ。10時50分チェックアウトしゆっくり歩いて30分、TICAバスのターミナル到着。

12時バス出発。ほぼ満席。

車窓からはコスタリカの豊かすぎる緑が続いた。



それはそれは美しい濃緑。全世界の9000種の野鳥のうちコスタリカにはその1割が生息しているとのこと。そんな景色にうつらうつらしてるとあっという間に時間は過ぎてゆき午後6時コスタリカ−パナマ国境到着。



この国境が超チンタラ系国境。長蛇の列もおかまいなしで係はいるのに窓口にでてこない。翌朝5時にパナマシティー到着と聞いていたのでどんなに遅れてもいいので怒ることなく並んでいたがこれはいかん。いい想い出がこれで台無しである。お金落とす観光客は大切にせんと。(金落とさないジモッチーばっかりだったからいいのか?)

結局バスの乗客全員の出入国に2時間かかった。午後8時パナマを走り出す。冷蔵庫のような車内で震えながら・・。体調また悪化するだろ、おい。エアコン切ってくれ。。
プロフィール

koji

Author:koji
やったらやったでどーにかなるよ!のいい加減さと石橋叩きすぎ心配症の2面性を持つ男。
人生は一度きりとか言われるとなんかやたら焦る・・・

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
検索フォーム
メールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。