スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南極ツアー11日目・・終了、一気にブエノスアイレスへ

28Feb2011 Buenos Aires ARGENTINA


【船からみる最後の日の出】

朝6時半起床。部屋の小さな窓から外を覗くと見覚えのあるビーグル水道に入っていた。



最後の朝食を取り、このツアーのために買って着続けた温かい黒のフリースの服をベッドに置いて午前8時頃、10日間乗り続けた船を下船。久々の陸地。



荷物を預かってもらい、旅行会社に借りたズボンを返し、南極のツーリストインフォで押せなかったスタンプを押したあとは、レストランでネット。


【手前の我が船は何度見てもイカ釣り漁船】


【懐かしのウシュアイア】

午後1時頃船で一緒だった3人とお別れ。

土産物屋で地球儀を眺める。地球から落ちてしまいそうな一番下。今まで気にしたことも無かった。そこから日本などどこにもみえない。そこに行けたと思うとジワジワまた満足感に満たされる。

5時頃タクシーでウシュアイアの空港へ。相棒がモニターを見てキャンセラードって書いてるよ、と言うのでマドリッドの悪夢がよぎったがキャンセルされていたのは他の会社(Austral)の便でホッとした。

ただそのドタキャンされた客はかなりの人数がカウンターに集まり、普通の爺さん婆さんも一緒になってずっと手拍子を打ち続け抗議行動。何人かは暴徒化しそうな勢いでちょっと怖かった。これが南米風示威方法?

午後7時ウシュアイア離陸、ブエノスアイレスに夜10時20分到着。







宿のチェックインが遅くなりたくなかったので無事時間通り到着できてよかった、と思ったところ着陸したあとちょっと走ったところで機体ストップ。20分沈黙を続けたところでようやく機長のアナウンス。停める所がなく指示を待っている…アホか!そんなこと初めて聞いたわ!ラン航空がアホなんか、空港がマヌケなんか教えてくれ。で、結局1時間も空調の切れた暑い機内で待たされ行きのロストバゲージに続いて怒り2連発。その上空港ビルへのバスもなかなか来ずで心折れそうになる。

タクシーで宿の前についたのは23時半。ドア開けた瞬間酒の匂いが鼻をつき声のやたらでかいオヤジなんかいて、やっぱりここには帰ってきたく無かった、とウナダレタ。荷物を預けたかったばっかりに…。

スポンサーサイト

南極ツアー10日目・・お別れセレモニー

27Feb2011 Drake Passage

南極ツアー10日目


8時起床。今日もドレーク海峡はいい天気。相変わらずな〜んにもすることなくダイニングでうだうだと時間が過ぎるのを待つだけ。

航行ルートを書き写し、レンタルの長靴とパーカーの返却、お土産として乗った船のワッペン2枚購入。


【船内で買った唯一のお土産】





夜8時から最後のイベントとしてみんなが撮った写真で構成されたスライドショーで盛り上がる。



ラストディナーはスペシャルっぽくビーフステーキが出てきたが、悲しいかな一番美味しくなかった。。パンも変わらず塩辛い。

何人かのスタッフ達と記念撮影。ロドリゴを筆頭に皆フレンドリーで気分の良い人達であった。

スライドショーで使った写真のデータを貰ってツアーの殆どが終了。


【いつものメンバーで最後の晩餐】


【最後の晩餐のメニューは最悪の不味さ・・】

明日の朝はとうとうウシュアイアだ。

南極ツアー9日目・・帰路

26Feb2011 Drake Passage

南極ツアー9日目



ドレーク海峡にはいると部屋の小さな窓2つが閉じられ監獄状態になってしまい外の状況が全くわからなくなる。

朝8時朝食を取りに上にあがると眩しい太陽がドレークの揺れる海を青く見せていた。今更…とちょっと落ち込む。朝食のメニューはこれまで一度も変わることなく相変わらずおいしくない。


【いつもの朝食】

ネットさえつながってくれれば何度も18日付の新聞を読まなくていいのに。



ドレークでは海で見るべきものもでてこないからやることなく、午後はずっとトランプ。

南極ツアー8日目・・またまた上陸キャンセル

25Feb2011 ANTARCTICA

南極ツアー8日目



2時頃まで寝付けず。朝4時起床しデッキに状況を確認しにいく。強風で波高し。こりゃ無理だと勝手に判断し部屋に寝に戻る。5時再度デッキに上がり改めて落胆し戻って爆睡。

ロドリゴから今、風がおさまるのを待っているとアナウンスがあった。

その後、やはり強風で上陸できなかったので先を進んでいると希望を打ち砕くアナウンス。


【やることないときはいつもここで時間をつぶす】

8時前に朝食をとりにいくときには天気はほぼ晴れ、だが風は相変わらず強く波が高い。カメラのシャッター押してるとあっという間に凍りそうになるので気温もかなり低いようだ。



昼食を取ると後はもう何にもやることがなくなってしまった。当然昼寝。

夕食時老齢のチリ人スタッフの一人が同席したので今回5回の出撃回数は実際どうなの?と聞くと、少ない、最低6回は出れるんだけど、と言っていた。

船はまたドレーク海峡に入った。

南極ツアー7日目・・南極本土に上陸

24Feb2011 ANTARCTICA

南極ツアー7日目

朝8時頃起床。部屋の小さな丸い窓から外をみて天候が回復していないことを確認しガックリする。



昨日知らされた予定では今日午前はどっかの基地に行き、土産物も買えポストカードも投函できるとのことで楽しみにしていた。しかし当然のようにまたもやキャンセル。段々船の中での退屈な時間に腐ってきた。。





12時、グッドニュース!天気が回復したので予定していなかった南極本島に急遽上陸することにしました。30分後集合!とロドリゴのアナウンス。



悪天候により一日半、本船での滞在を余儀なくされ目から輝きが消えつつあった客に活気が戻る。





12時半ゾディアックで出撃。
Spigot pointという所に上陸。遂に南極大陸に足跡を残す。アザラシとジェンツーペンギンがお出迎え。ただ数はすぐなかった。









雪の斜面を上がってゆくと小さな半島の反対側が見えた。ここに何か特別なものがあったわけではなかったが、久々の外の散歩に大満足であった。



午後2時半、風と波が戻ってきていて、本船に戻る時には波をかぶってずぶ濡れになっていた。出発がちょっと遅ければ上陸させてもらえなかったかもしれない。

遅いランチの後昼寝。

午後8時のディナーの時周りにたくさんクジラがいたようでいろんなところから歓声があがつた。自分の目の前にも2頭のクジラがテイルを見せて潜っていった。

段々揺れがひどくなってきている。テーブルにも滑り止めが敷かれていた。ディナー前に酔い止めを服用。

明日は4時起きなので10時頃部屋に戻りゆっくりする。

南極ツアー6日目・・ここまで来たのに

23Feb2011 ANTARCTICA

南極ツアー6日目



6時に起きるつもりがどうしても起きられず7時過ぎに起きた時点で多分見所であったLamaire Channelを逃してしまう。





昨日でSDカード1枚使い切る。ウシュアイアでもう1枚追加購入しておいてよかった。

9時前、本日1本目のゾディアックに乗ろうと長靴を消毒し降りていこうとした時、急遽天候不良の為キャンセルされてしまう。確かに強風と小雨できつそうであった。散々待たされた挙句のキャンセルで残念だけど、自然が相手なので仕方なし。






風と雪が段々強くなってきてデッキに出ることさえ大変な状況に。今回のツアーで訪れる1番南の地点まで来て上陸のチャンスを待っていたようだか状況はよくなることなく、来た道を戻っていった。





寝て待っていた11時に予定されていた2本目も1本目に押し出される感じでキャンセル。

ランチをとった後はずっとトランプで時間を潰す。午後のアクティビティも当然のようにキャンセルで結局今日は一度も下船なし。収穫は遠くに見た豆粒のようなシャチと南極らしい白い風雨。



しょうがないけど悔しい…一度きりのチャンスなのに…。

南極ツアー5日目・・感動頂点へ Life is GOOD!

22Feb2011 ANTARCTICA

南極ツアー5日目



朝8時起床。甲板に出ると雪がちらほら。目の前に南極半島が見え海上にはでかい氷山がいくつか流れてた。





9時のツアーはCuverville Island。上陸するやいなや、すぐ向こうにあったかなり大きめの氷山が派手に崩れていく様をタイミングよく見物できた。

ここはジェンツーペンギンのコロニーがありジェンツーだらけ。え、あ?ペンギンね…並に数見てるけど、歩いてる姿なんかは何度見てもメチャクチャ可愛い。滑ってこけてる様は笑ってしまう。









今日はとても寒くて靴下2枚重ねでも所詮長靴だけに指がちぎれそうに冷たくなる。それでも南極の景色に夢中になると痛いのを忘れられる。







11時半前帰還。お昼とって船内を見学。






【おもかじ!】


【こっちは本物のキャプテン】

午後にはいると天候がみるみる回復しこれまで見ることがほとんどなかった待望の青い空!船上からは海を泳ぐペンギンだけでなく、近くじゃないけどクジラも。



今日は波が高いので、ボート(Zodiac)で出ずに船上からDallman Bayでクジラを探しますとアナウンスがありガックリ来てたところにその後やっぱり行きます、とアナウンスがありゾディアックで3時過ぎ出発。





ペニンシュラサイドにあるThompson rockは未だかつて見たこともない恐ろしくも美しい、想像さえもしえない景色が次から次へと眼前に現れもう何が何だかまたわからなくなってしまう大混乱状態。アザラシ、ペンギン、鳥たち、青い空と白い大陸、氷山、流氷…人間の跡も匂いも何もない目の前に繰り広げられるリアル大自然の世界に酔いしれる。







南極に来れちゃった上に天気もこんなに晴れちゃって、地球の今まで知らなかった部分を感じられ俺達はなんて幸せ者なんだ!と思うしかない凄い3時間。ぶっちぎり世界ランキング1位認定。





















夜、ロドリゴのお疲れ様でしたスピーチに客から大きな拍手が贈られる。皆大満足だった模様。

今思えば午後3時のゾディアック、1番前に陣取れたのは幸運中の大幸運であった。南極独占!

夜デッキに出ると、暗闇の中に白い壁と黒い山が浮かび上がって見えた。何千年と変わらぬ景色に立ち会えてなんとも言えぬ感慨にふける。

ここに来れたことに感謝。

Life is GOOD!!!!!!!!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村

南極ツアー4日目・・上陸!ついにペンギンとご対面

21Feb2011 ANTARCTICA

南極ツアー4日目



起きると明らかに揺れが収まっている。甲板に出ると、おお〜島が見えた。天気は雨だけどそんなことより久しぶりに陸が見えて嬉しかった。4日目にしてようやく南極に会えた!





7時半、すっかり飽きてしまった朝食をちょっとだけ取り9時の初めての上陸に備えて準備をする。上はヒートテックとフリース2枚、その上に借りたジャケット。下はヒートテックと借りたズボン、ゴアのパンツ。温かいというより暑い。ゴムボートに乗ってる間はライフジャケットもつけているので着膨れして動けないキングペンギン状態。。



09:26 Aitcho Island(南緯62度)上陸。



いきなりジェンツーペンギンの大群がお出迎え。近づいても逃げないどころか、近寄って来たりしてビックリ。天敵がいないのかな。



21Feb2011 South Shetland Island






島内を散歩。レンズ剥き出しのカメラに雨はきつい。濡れるは、曇るは、でレンズを何度もふきふきしながら写真を取りまくる。

ゾウアザラシ、チンストラップペンギンなんかは初日ですがもう結構です、というぐらい見てしまった。













11:45船に戻るとスープを配ってくれた。そんな気配りが随所に見られるのがこのツアーのいいところ。

12:30にランチを取りデッキにでると時々青い空も出てくるようになって凄い景色がお目見えしだした。地球儀の下の方まで来たんだなと思うと半端ない満足感。









15時過ぎ本日2度目の上陸地はハーフムーンアイランド。曇ってはいるものの雨はなんとか上がり上も下も分厚いのを脱いだおかげで快適。周りに雪をかぶった島々が見えたりして気分高ぶる。いや〜生きててよかった。サイコーに気持ちいい。







今日は1日中BGMは松田聖子のスィートメモリー。サントリーのコマーシャルで流行ったペンギンの奴ってこの曲だっけ?









17:45船帰還。

シャワーを浴びてサッパリし、ダイニングで雄大な白い景色が流れるのを見ながら日記をつける贅沢なひと時。遠くではクジラが潮を吹いていた。

テーブルから滑り止めが消え、背の高いグラスが登場。当分きつい揺れとはオサラバできそうだ。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村

南極ツアー3日目・・食べて寝るだけ

20Feb2011 Drake Passage

南極ツアー3日目



8時半過ぎ朝食。早くも昨日の朝食と同じメニューで食い気半減。

10時からレクチャー2つ。南極の気象と氷についてと南極に生息するペンギンについて。

12時半から昼食。

午後4時過ぎジャケットと長靴の貸与。

午後4時半ティータイム。

午後5時半、南極上陸に際しての注意事項ブリーフィング。そうやく明日後の船から降りられると思うと嬉しい。

午後7時半から夕食。明日午前9時にAitcho Island上陸が発表され拍手が沸く。





出航から揺られ続けて丁度まる2日。流石に皆疲れてるみたいだ。こちらも体全く動かさないのに一日4食食べて寝るだけの生活におかしくなりそうである。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村

南極ツアー2日目・・揺れるドレーク海峡

19Feb2011 Drake Passage

南極ツアー2日目



さすが、かの有名なドレーク海峡。揺れる。が、船で支給される酔い止めが効き酔ってはいないもののいい気分ではない。



右に左に規則正しく揺れ続ける。時々デカイのが来て皿が割れる音が聞こえたりする。

朝食、昼食、ティータイム、夕食、食べてる時以外は寝るしかない。窓からは灰色の空と海以外何も見えないので写真を撮る場面もなく、ただただベッドに横たわるだけ。

あと驚いたのは料理の質。美味しいかどうかは別にしてとても手のこんだものがでる。綺麗に盛り付けてくる。ちゃんとここで調理しているようだ。最初に出るホカホカパンは少し塩辛いが美味しいし、ドリンクもなくなったら注ぎに来る。



勝手に想像していた食事レベルをはるかに超える素晴らしさで晩飯というよりディナーなのである。これは嬉しい誤算であった。ま、客の平均年齢もかなり高いし、それなりの料金払ってるんだから当然といえば当然なんだけれど。今までのバックパッカー用ツアーとは明らかに毛色が違うのであった。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村
プロフィール

koji

Author:koji
やったらやったでどーにかなるよ!のいい加減さと石橋叩きすぎ心配症の2面性を持つ男。
人生は一度きりとか言われるとなんかやたら焦る・・・

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
検索フォーム
メールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。