スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソウルもあついぜ


9/23 Seoul
夜中蚊に何度も起こされたからか朝起きられずお昼12時を回る。

明洞まで歩き「明洞餃子」でランチ(2回目。1回目には勝てず)して仁寺洞を回って宿に戻ってきた。宿には例のところからFAXが入っていて明日は0515ピックアップとの事。数日前からのどが痛くちょっと風邪っぽいので飲んだ薬が効いたのか眠くなりちょっとお休み。

8時半晩飯でも食べようと10分ぐらい歩いたところの屋台でにぎわっているところでまたまた焼肉。100%ローカルの喧騒とけばけばしい一昔前を彷彿させるネオンがアジア映画の1シーンを感じさせいい雰囲気であった。残念ながら味はいまいち。

夜の街はネクタイしめたサラリーマンも多く繰り出し楽しそうに酔っ払っている姿が羨ましく感じちょっと心苦しい。。
スポンサーサイト

ソウルはやっぱりブタカルビ


9/22 Seoul

朝5時半起床。6時半の京成に乗り成田へ。0900アシアナ107便定刻で出発。機内食食ってるとき意外は爆睡。1130あっというまにソウル到着。

先日ネットでシルバーウィークのせいで四苦八苦のソウル宿探しをしたとき、たまたまINNOSTELの存在を知る。

(以下その内容)ソウル市が運営するこのサイトではソウルを訪れる外国人観光客のために格安ホテルを紹介し、オンラインで予約・販売し・・・「Innostel(イノステル)」の名前はInnovative(革新的な)とHostel(宿泊施設)を組み合わせた造語。外国人がもっと気軽に簡単に、ソウルの旅を満喫できるようにと、これまでにない視点で取り組んでいるのが「イノステル」なのです。

このサービスのひとつにこれと提携しているホテルを予約した場合空港の往復が無料になるというものがあり申し込んでおいた。稚拙な日本語によるメールのやり取りがあり不安を覚えたが、何の問題もなく昌得宮近くの宿まで送ってもらえた。3000円ほどの宿にこの無料送迎サービスは素晴らしい。

宿は古いが特に問題なし。なんと部屋にはパソコンがありネット可能。荷物を置いた後、20分ほどかけて明洞まで歩きブラ。

1840ラオスのバンビエンで一緒にチューブ川下りを楽しんだ韓国人のJO君と2ヶ月ぶりの再会。待ち合わせ場所に指定したクリスピークリームドーナツが明洞には2店あることに後から気付き焦って2つ目の方に走ってきたとのこと。申し訳ないことをした。。去年も2年前も来た焼肉屋で再会を祝い豚カルビをおなかいっぱいいただき幸せな気持ちになる。

ラオスでもそんなに喋ったわけじゃないけど、彼はとても人懐っこくまた無類の日本ゲーム・漫画好きでアキバに行ってみたいと事あるごとに熱く語る。今後もずっと友達でいられそうなナイスガイであった。焼肉の後はコーヒー飲んでまたの再会を約束しお別れ。2230歩いて宿に戻ってきてネット&ブログUP。

ここ2回ソウルに来たのは劇寒クリスマスだったので暑い(夜は涼しい)ソウルはちょっと変な感じ。街にはジャパニが大挙押し寄せていた。。。9ヶ月前こんな形でソウルを再訪するなんて思いもしなかったなぁ・・。お買い物しないソウルはちょっと寂しい。

ソウルからニューヨークへ

5月7日(木) ソウル-ニューヨーク 曇時々晴れ

夜中、衛星放送のNBA(UTAH VS SAN ANTONIO)などを見ながら時間をつぶし、できるだけねないようにしたが、知らない間にねていた。11時過ぎ起床。シャワーを浴びて荷物をまとめてチェックアウト。JOO-HEEにTELがつながらないので一人でまたまた梨泰院へ。せっかくソウルにきたのだからと、梨泰院カルビへ直行。甘く柔らかく最高においしかった。3人前(1人前はカルビ2巻)食べた。(あとキムチ、ライス、トウフ、スープなどがついていた)(38,000Wぐらい)雨の中イテウォンをうろつく。絵葉書、切手を買いマクドで2枚書いた。プルコギバーガーなるものを食べた。ここ梨泰院にはたくさんの客引きがいた。俺も日本人だと分かるらしく「時計はいらないか」などと声をかけてきた。

韓国は先進国だと思っていたがこういうのをみると東南アジアレベルなのかと少々がっかりしてくる。4:00PMホテルにもどり喋りかけてくれてたアシスタントマネージャーの人、ドアマンの人に別れを告げバスで空港に向かった。ずっと8:00PMだと思っていたフライトは実は7:20PM発だったことに気がつき少々あせった。空港の待合室でこれからSYDに向かうという大濱さんという人と楽しく話しができいい時間つぶしができた。底抜けに明るい人であった。始めて沖縄県人の住所をもらった。

7:00PM前搭乗。機内はまたまた一杯。窓際の座席をもらったものの窓がなかった。しかし脚を大きく前にのばせるところだったので許そう。韓国は予想以上に何もなかった。少し前の日本といったところか。憂鬱な14時間もの長いフライト。機内食を食べている時以外はできるだけ眠るようにした。東へ向かって飛んでいるのであっというまに夜がきて朝がきた。

8:00PM眠っているうちにNY、JFKに到着。PASSPORT CONTROLの所であった他の日本人2人とSHAREしてTAXIにのりMclennan Familyのいるマンハッタンへ。2年半振りのN.Y。ちょっとこわい感じのドライバーの隣りで久々のNYをなつかしむ。

79st. and 2nd Aveで先に下ろしてもらいマンションを探す。すぐにみつけることができた。エレベーターで32階へ上がり部屋を探しているとモニカの呼ぶ声がした。新しく購入したという部屋のベランダから見る夜景はすごく美しくまた本当になつかしかった。初めてEMILIA(ねていた)にもあうことができた。マシューもとても元気そうで何よりである。今日7日はとても長い1日。ベッドをつくってもらい横になる。機内でよくねたので眠れないかな?と思ったが多分疲れていたのだろう。すぐに眠りにおちた。

初めての梨泰院、仁寺洞

5月6日(水)ソウル 晴れ (TOWER HOTEL)
寝付きが遅く、10時すぎまで寝てしまった。何度JOO-HEEにTELしてもつながらず(寝ていたらしい)、ようやく1時すぎに話すことができた。6:00PMにそっちに行くというのでそれまでホテルのフリーシャトルで梨泰院へ行くことにした。梨泰院は有名なショッピングエリアらしいが、売っているものもたいしたことなく、すかさずマクドナルドでBig Macの昼食。1時間後のバスにのりホテルへ戻った。(昼寝)6:30PM、JOO-HEEようやく登場(昨日の話では1:00PMの予定だった。こいつはいつも遅れてくる)TAXIで仁寺洞(インサドン)へ。つれていってもらった夕食は本当においしかった。レストランもいわゆる韓国風で靴をぬいであぐらをかいての食事であった。だいたい辛かったがおいしかった。品数も多く腹いっぱい食べた。(20000W)またまた31のICEを食べながら待ちを歩きゲームセンター(1P−2000W かなり好きらしい)。その後茶店でお茶のようなアイスコーヒー。ここもやわらかいソファーでくつろげる雰囲気であった。11:00PMホテル。JOO-HEEのTAXIがなかなかみつからず、ホテルの下の広い通りにでてつかまえた。

ソウルでストップオーバー

1998年5月5日(火)ソウル 晴れ (TOWER HOTEL)

仕事を辞めて10ヶ月。辞めてからもう4回目の日本脱出。すっかり生活の一部となってしまった。今回は韓国、アメリカ。いつ帰ってくるかはいつものように決まっていない。20代最後の旅行になるだろう・・・。たぶん。何がおこるか楽しみである。

OZ111便、1:10AM定刻で出発。ゴールデンウィーク最終日だというのに機内は一杯だった。あっという間に日本を越えて2:55PMソウル到着。ドキドキしながらCUSTOMを出る。がJOO-HEEは声をかけてこない。とりあえず空港の銀行で10000円両替。電話すると今向かっている途中だとのこと。タバコを吸い、TVで韓国野球をみながら待つ。少したってからまた携帯へTEL。すでに空港にきていたが、なかなかあえない。「WRU」を連発しながらどうにかあうことができた。空港のカウンターでタワーホテルを予約しKALリムジンバスでそこに向かう。(5000W)夕方、明洞へTAXIで向かう。韓国大衆食堂でキムチ、ピピンバなどを食べる。味はまあこんなもんだろうという程度(2人で8000W)。31ICEを食べながらひととおり明洞を歩いてホテルへ戻る。11:00PM、JOO-HEE帰宅。なかなか寝付けない夜だった。
プロフィール

koji

Author:koji
やったらやったでどーにかなるよ!のいい加減さと石橋叩きすぎ心配症の2面性を持つ男。
人生は一度きりとか言われるとなんかやたら焦る・・・

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
検索フォーム
メールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。