スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モスクワ経由成田

4月6日 (火) ロンドン 曇り

飛行機の中で眠ろうと電気をつけたまま4時半までうたた寝。シャワーを浴びてまだくらいビクトリアまでの道を歩く。チューブで約40分、ヒースロー・ターミナル2に到着した。

コーヒーとドーナツの最後の朝食を取り9時15分ロンドンを後にした。期待していた機内食はことのほかまずく退屈な時を過ごし4時間後なつかしの暗いモスクワについた。成田までのパスをもらったあとDUTYFREEを覗いたりボーっとしたりしてきわめて無駄で退屈な5時間を過ごし午後9時過ぎ日本に向けてモスクワを離れた。

スポンサーサイト

HAMLEYSでテディベア

4月5日 (月) ロンドン 曇り時々雨 後晴れ (GREYSTONES HOTEL)

7時半起床。朝食をとってる時たまたま他の日本人に会い今日いっしょに行動することにした。スペインで生活している人らしい。(名前忘れた)

バッキンガム宮殿の衛兵交代は雨の仲間角は嫌だったのでやめ、ピカデリーに行きまず明日のフライトのリコンファームをした。FORTNUM&MASONといういかにもロンドンらしい一流デパートでお土産用のTEAを買った。Regent.Stを歩きHAMLEYSというでかいおもちゃのデパートに行き旅に出る前から考えていたテディベアを彼女と、小池さんの子供に買うことにした。テディベアはいろいろな会社から出ているがいちばん有名なドイツ・スタイフ社のものを彼女に、赤ちゃんには安いものを買った(といってもかなりした)。あふれんばかりにあるベアの中から1頭を選ぶのはかなり根気のいる仕事である。テディベア道はかなり奥が深く1900年代当初のレプリカものまであり何がなんだかわからないので店員にアドバイスしてもらった。

一度ホテルまで荷物を置きに戻りもう一度ピカデリーに出てきて一昨日来た中華レストランでチャーハン、フライドヌードルを食べ、今度はナイツブリッジにある有名デパート、ハロッズへ。ほとんど閉店まぢかだったのでよくまわれなかった。ロンドン名物のダブルデッカーバスをビクトリア−ピカデリー間とナイツブリッジ−ビクトリア間で使った。

ビクトリアからチューブを使ってケンジントンまで行き、夕暮れのケンジントンガーデン、ロイヤルアルバートホール、チャールズ皇太子とダイアナ妃が住んでいたケンジントンパレスを見て歩いた。閉じ込められた公園の柵を飛び越えて出た街を夜9時過ぎまで歩き10時ホテルに戻った。

これでこの旅も終わりかと思うと少し寂しかった。今日現像して受け取った写真を見ていると大分前の旅のように懐かしく感じた。土産で増えた荷物をパッキングし、午前1時最後のベッドに入った。

ロンドン街ブラ

4月4日 (日) ロンドン 快晴 (GREYSTONES HOTEL)

昨夜はベッドに入るのが遅かったというのに何故か6時頃目が覚めてからそれ以上眠れなかった。8時、地下のダイニングルームでハム、卵、パン、コーヒーの朝食。よく喋るおばあさんがロンドン案内をしてくれた。

やっぱり今日は快晴。8時半、ビクトリアからチューブに乗ってカムデンのフリーマーケットへ。ジーンズなど欲しくて手にとって見るのだが貧乏性が抜けないのか何も買わずに出る。

昼過ぎ行列に並んで蝋人形館のマダム・タッソー(6.75$)に。よくできた人形達が迎えてくれた。ホラー館よくできすぎていて少し怖かった。

次に前々から行きたかった大英博物館に入ったが博物館ボケはまだ続いていてそれほど感じるものはなかった。スフィンクスのひげの部分がどこにあるか係のおじさんに聞いてみたがそれがどこの部分だか全然わからなかった。ホテルに買えるとき新聞を買ってきた。トップはグランドナショナルとマンセルの記事だった。

ドーバー海峡渡ってロンドンへ

4月3日 (土) パリ 晴れ−ロンドン 雨 (GREYSTONES HOTEL)
6時起床。メトロを乗り継いでEUROLINEのバス停まで行き8時過ぎチェックインを済ませてバスは8時半出発。LILLEという街で一度停まりCALAISという港町へ。バスごと船に乗り込みドーバー海峡を渡った。

ドーバーの白い壁を見ながらイギリスに入る。パスポートコントロールでいろいろ質問され疑惑の目が向けられ執拗な質問攻めにあいバスまで一緒にトラベラーズチェックと航空券までとりに行きさえもした。こんなのは始めてである。「学生」と答えただけに話がこじれたらどうしようと少しあせった。昨日フライトの日を入れておいて正解だった、とつくづく感じた。

バスのみんなを散々待たせて最後から2番目で戻った。どうにか入国したイギリスの田舎はのどかでニュージーランドのように美しかった。ロンドンに近づくにつれ雨が降ってきた。ローマ、パリもそうだったから明日はきっと晴れてくれるだろう。

VICTORIA St近くのB&Bで3泊(18$x3)とまることにし、とにかく空腹だったのでチューブに乗ってピカデリーサーカスに行き有名な中華レストランのWANG-KEIに入りラーメンとチャーハン(5$)を食べ久々に満腹感を味わうことができた。

土曜の夜ということもありとにかく賑やかでチューブの駅では誰かしらサックス、フルート、ギターなどを弾いていた。ロンドンは3泊だが実質2泊。もっといろんなところを見てみたいのに残念だ。

今回の最後の宿は4ベッドのシングルユースで広くTV、朝食つきだ。ニュースがグランドナショナルで何かが起こったことを伝えていた。

シャンゼリゼ通

4月2日 (金) パリ 快晴 (HOTEL EXCELSIOR)

8時起床。
外はすっきり晴れていた。地下鉄でF・D・Rooseveltで下りてアエロフロートへ。イギリス出国を4月6日に決め予約を入れた。

ここからシャンゼリゼ通りを歩いて凱旋門へ。エレベーターで上まで上がり(20FF)昨日のエッフェル塔の時とは違うすっきり晴れたパリの街を見渡すことができた。

マクドで昼食(やたら物価が高いのでこればかり)、シャンゼリゼ通りを歩いてコンコルド広場へ。メトロに乗ってモンマルトルのサクレ・クールへ。長い階段を使って登る元気がなく下から眺めるだけにとどまった。メトロを乗り継いでオペラへ。デパート、ギャラリーラファイエットに入りよほど何か買おうかと思ったが我慢した。オペラ通りを歩いて東京銀行横の東京動書店で久々に日本雑誌を5分ほど立ち読み。

メトロで宿に戻り2時間ほどシエスタ。午後9時、夜のパリを歩いてモンパルナスタワー(30FF)へ。屋上からはエッフェル、凱旋門はもちろん、空気が清んでいたので遠くまで見渡せ美しかった。

6日に帰国することになり嬉しい半面、中途半端で終わるようで悔しい気がする。本来ならパリにあと2日いたいところだ。

パリ到着

4月1日 (木) パリ 曇り時々雨 時々晴れ (HOTEL EXCELSIOR)

幸いなことに私のコンパートメントには途中まで私一人、あとからおばさんと2人だったので静かにいびきを気にせずに眠ることができた。朝6時過ぎに起きて歯を磨き到着を待った。

7時4分、パリのリヨン駅に到着。メトロを乗り継ぎST.MICHELで下りソルボンヌ大学の近くに宿をとった。

歩いてノートルダム寺院、そしてルーブル美術館(20FF)へ行った。ルーブルは異様にでかくパンフレットを持っていてもどこを歩いているかわからず出口を探すのに苦労した。マクドでランチをとりポンピドーセンター前のAJFでロンドンまでのチケット(340FF)を取った。

ポンピドーの前からメトロのマークに沿って地下へ下りると5分以上かけてCHATELET駅まで歩かされた。ここから1番線に乗ってChdeGaulle−Etoileで6番線に乗り換えBirHakeimで下りエッフェル塔へ。塔の足元の公衆電話で彼女に電話した。エレベーターで上に上がる(52FF)。風が強かったが大都会パリを360度見渡すことができた。RERに乗りSt.Michel乗り換えLuxembourgで5時半にホテルに戻った。

パリは地下鉄がとても発達していて路線図を見てると駅名を探し出すのにとても苦労する。乗り換えも不便だ。
プロフィール

koji

Author:koji
やったらやったでどーにかなるよ!のいい加減さと石橋叩きすぎ心配症の2面性を持つ男。
人生は一度きりとか言われるとなんかやたら焦る・・・

カレンダー(月別)
03 ≪│1993/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
検索フォーム
メールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。