スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンガポール−成田

9月24日 (日) シンガポール−成田
朝早く宿を出てタクシーに乗り空港へ。明日から新会社。
スポンサーサイト

バンコク−シンガポール

9月23日 (土) バンコク−シンガポール

久々に訪れたベンクーレンの宿で与えられた部屋は…ペンキの匂いの消えてないタイル張りの殺風景なものであった。たぶんバスルームを壊してそのままベッドを置いただけのものであろう。最悪。でも荷物置くだけだからと納得たのであった。

何にもやることがないので暑さしのぎもかねて映画館へ。Tシャツ、短パンで入った私がアホやった。約2時間地獄の寒さ。そんなに楽しくない映画(SHAFT・サミュエル・L・ジャクソン)を寒さに震えながら耐えて見た。オーチャードを歩きながら紀伊国屋で本を読んだり、前回行ったレストランで晩御飯を食べたりして時間をつぶした。

バンコク(日記なし)

9月22日 (金) バンコク (SIAM ORIENTAL HOTEL)

コタオ−バンコク(日記なし)

9月21日 (木) コタオ−バンコク (SIAM ORIENTAL HOTEL)

コタオ(日記なし)

9月20日 (水) コタオ

日記なし

コタオ(日記なし)

9月19日 (火) コタオ

日記なし

パタヤ−バンコク(日記なし)

9月18日 (月) パタヤ−バンコク− (車)

日記なし

パタヤ(日記なし)

9月17日 (日) パタヤ (WHITE ROSE?)

パタヤでうだうだ。(日記なし)

パタヤへ

9月16日 (土) バンコク−パタヤ (WHITE ROSE?)

宿のモーニングコールに起こされ、6時半起床。朝帰りの石田君と会い7時パタヤに向かう。ちょっと安い朝いちのチケットはなんとローカルバスを使ってのものだった。友人のニンに再会。

一気にバンコクへ、友人と再会

9月15日 (金) シンガポール−バンコク (SIAM ORIENTAL HOTEL)

夜中1時頃シンガポール到着。成田を出た後のことなんてまったく考えていなかったのでとりあえずついてタバコを外に出て吸って朝までここにいようと漠然と決めた。朝までの数時間のために宿代を取られるのもいただけなかった。レストランでチャーハンと焼きそばを食べスターバックスでコーヒーを仕入れ真剣に本を読むことにした。本は本当に面白く眠気もまったく感じずに朝を迎えることができた。

朝6時、空港の下から出ているローカルバス($1.5)に乗り2年半ぶりのオーチャードロードに向かう。さすがシンガポール、このバスもクーラー効き過ぎで冷蔵庫状態。2年半前とシンガポールの町並みは変わらず。マクドがあいていたので朝食(フィレオフィッシュ)。

日本を出る前夜インターネットでシンガポールからの航空券を探した時HISシンガポール支店のページを見つけたのでそこの住所を書きとめてあった。空港で手に入れたマップを頼りに汗だくになりながら2時間程歩いて9時半頃たどり着いた。

ドアを開けるとなんかみたことある朝礼の風景に苦笑しながらバンコク行きのチケットを探してもらう。安いヨーロッパ系のチケット(約$300)は夜発。とても夜までこの何もないシンガポールで過ごすことは耐えられないのでちょっと値は張った($400)がキャセイで飛ぶことにした。とにかく一刻も早くバンコクに行きたかったのだ。こんなことになるならもうちょっとお金出してバンコクの往復にすればよかったとちょっと後悔。バスで行っても良かったのだがとにかく時間がかかりバンコクで私がくるのをずっと待っている友達に悪いと思ったのであった。

1時間ほどチケットが届くのを待ってもらうやいなやタクシーに飛び乗りシンガポール空港へトンボ帰り。今日バンコクにいけることを友達にメールした後13時35分発のCX712に乗る。14時55分あっという間にもう見飽きた間のあるバンコク、ドンムアン空港到着。100Bに値上がったエアポートバスでカオサンへ。

待ち合わせ場所のサイアムオリエンタルホテルのレストランへ行くと石田君がつまらなそうに待っていた。奴と海外で会うのはインドカルカッタでバイバイしてから2年9ヶ月ぶり。奴はインド行きをのばして私がくるのを待っていてくれた。ま、相手は男であるので感動とかいう感じではまったくなかった。

明日朝のパタヤ行きのバスを予約した後夕方また落ち合うことにして荷物は部屋に置きやっぱり行くだろ、のマッサージ。叔母ちゃんはかなりうまく1時間(140B)なんどか眠りに落ちた。カオサンは相変わらずバカそうな日本人とイスラエリで一杯でやっぱり好きになれない。

夜は石田君が勉強の成果を発揮して楽しいナナナイトツアーに連れて行ってくれた。4時頃カオサンに戻った。テレビからはシドニーオリンピック開会式が映し出されイスラエルの選手が出てくるとあちらこちらから歓声が沸きあがった。こんなにいるのか、イスラエリ!
プロフィール

koji

Author:koji
やったらやったでどーにかなるよ!のいい加減さと石橋叩きすぎ心配症の2面性を持つ男。
人生は一度きりとか言われるとなんかやたら焦る・・・

カレンダー(月別)
08 ≪│2000/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
検索フォーム
メールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。