スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シリア最終日

夜中これまた寒くて目が覚める。テレビ部屋から勝手にストーブを持ってきて部屋を暖める。(が、数時間後はまた寒さで目が覚めることに)



朝9時日本の友人に国内線の予約をお願いしていたのでその結果を知ろうと開いてるネット屋を探してさまようが町は閑散として人もまばら。こっちの人は完全な夜型か?パン焼いているとこぐらいしか開いていなかった。





昼昨日のカフェでネット。ネスカフェ頼んだらこの状態でくる。



最後のダマスカス散歩。いつもどおりすごい人出。なんかいままで持ってた(刷り込まれた)中東、イスラムのイメージはなんだったんだろ。なれなれしいほどの人懐っこさ。車で街に繰り出し騒ぐ若者。遅くまで人でいっぱいのカフェ。女性は遅くまで遊んで傍目にはそれなりの自由を謳歌しているように見えるし服装もいわゆる黒装束の人はそんなにいない。(カフェにいる女性はみんな洋服)聞くと見るのでは大違い。洋服で髪の毛出している人々はモスリムじゃないのかな。。



晩御飯はまた中華。やっぱジャパニは米だ!昼のカフェにまたきて最後の水たばこ。味はグレープ。



今日11月30日は相棒の○○歳の誕生日。直接祝ってあげたかったよ。
おめでとう〜!
スポンサーサイト

ダマスカスでうだうだ

朝7時ごろ目が覚めたものの寒すぎて起き上がれず。10時前まで2度寝。日帰りで行ってこようと思っていたパルミラ行きは諦める。

余ったレバノンマネーを両替しようと銀行にいくも開いてなく無料WIFIレストランでコーヒー飲みながらだらだらネット。



今日本は内藤vs亀田で盛り上がっているらしい。見たい。。

結局12時から午後7時までコーヒー2杯でネット。
夜はいたるカフェでバルセロナvsレアル・マドリードをやっててたくさんの人で盛り上がっていた。

ダマスカスの夜

11/28 Baalbeck – Damascus
夜中、寒くて何度も目が覚める。8時過ぎ起床。9時宿のすぐ前からワゴン・セルビスに乗りシュトゥーラ。ここで車に乗り換え国境を越えダマスカスへ入り前回の宿にチェックイン。ほんとはもうちょっとレバノンいたかったけれど48時間無料トランジットビザだったからしょうがない。。バールベック見れてよしとしよう。

アゼム宮殿(たくさんのジモッチーがいたが、こんなの面白いの?という感じ。かれらにとってはテーマパークみたいなものか・・)



など旧市街をうろついた後、城壁の外に出てマルジェ広場辺りをうろつく。土曜で店はあまり開いていなかったものの特にスークは前に進むのが大変なほどすごい人出であった。



特にみんな大好き!アイスクリーム屋は人でごったがえしていた。試しにピスタチオのかかったアイスを食べてみたが、フツーでがっかりした。

夕方宿近くのネット屋で持参パソつなぐ。また株があほみたいに落ちとる。。。

夕食は中華レストランでチャーハンと野菜炒め。中国人が作っていると聞いてほっとする。味はまあまあ。MAPを落としたので、賑やかそうな所を徒然なるままに歩くといろんなものに出会うことができる・・。



アラビアらしからぬネオン、聞こえてくる歓声、出来立てのおいしいチョコクロワッサン、初のシーシャ(水たばこ)。レストランで隣に座っていたシリアの若者からもらった紙には「Thank you for your visit」と英語とアラビア語で書かれていた。こういう何気ない出来事でその国のことがすごく好きになったりすることがある。(その逆もあるが)シリア最高!ダマスカス最高!歳とってすっかりいろんなことにすれてしまってる自分を顧みてこれじゃいかんと考えさせてくれる時間。旅の醍醐味である。




Life is Good!

おお、バールベック!!

12/27 Beirut-Baalbeck (Jupitar Hotel)
9時過ぎセルビスでコーラ・バスターミナルへ。9時半ワゴン・セルビスに乗り換え緑深い山々を見ながら11時半バールベックに”すんなり”到着。宿に荷物を置きサンドイッチをほおばりながら、1〜3世紀のローマ時代に築かれた世界遺産バールベック遺跡(12000LP=8US$ 高い!)へ。


【もともとこんな感じだったんだろーね〜】




ここのところ遺跡群には少々食傷気味であったが、なかなか豪快、素晴らしい。遺跡からは雪に抱かれた山々がここが中東であることを忘れさせる。



【バッカス神殿】





【ビーナス神殿今昔】



1時間半ほどで出てきて土産物屋でお茶したあと散歩し(小さな町なので20分ももたない)宿に戻ってゆっくりする。

昨日のベイルートは暖かかったが、ここはすげー寒い。。4時を過ぎると気温ががんがん下がってきて既に吐く息が白い。金曜日で人出も少ないのか寂しい感じ。ちなみに観光客もまばらである。

夜12時過ぎまで2枚の毛布に包り宮部みゆきの「理由」を読んで時間をつぶす。一度外におやつ買うために出てみたら雪が降りそーなくらいメチャメチャ寒かった。

レバノン・ベイルート到着

朝7時起床。7時半宿をチェックアウトしタクシーでガラージュ・ブルマンへ。結局ラタキア何しに来たのかよくわからないまま去ることに。。8時バスに乗り9時半タルトゥース到着。

降りたところで少し英語がわかる人に促されるままタクシーに乗りバスターミナル(未だ名前分らず)へ。シリアは中東の中でもより!英語の通じない国ではすごい小さなことでも伝えるのにめちゃくちゃ苦労する。。精神的苦痛。で、おじちゃんのいうには「ここからレバノンに向けてセルビスは出ていない(きっぱり)」嘘付け、と思いつつも、もしかしてターミナルが違うのかも・・とまたタクシーに。この運ちゃんがまたさーっぱり英語を理解せず、どこに俺たちを連れて行くのかとビビル私は車を止めさせその辺の兄ちゃんをつかまえこっちの要望を通訳させる(が、こいつらも怪しい・・)。セルビスでの国境超えは諦め、このタクシーで行くことに。値段だけはきっちり念押し。途中から地中海が迎えてくれた。

シリア出国、レバノン入国はまあ、問題なし。この時までレバノンに3日滞在するつもりであったが48時間トランジットビザは無料とのことで急遽そっちに。いきおい今日泊まる予定であったトリポリをすっとばし、ベイルートに行くことにする。レバノン側でこれからベイルートに向かう兄ちゃんに声をかけられ2人で400円ほどで連れて行ってもらう。

トリポリを経由しベイルート到着。車を下ろされたところからセルビスに乗りハムラというエリアに3時過ぎ到着。昼過ぎには簡単に到着できると思っていたので意外に時間がかかった。かなり精神的に疲れとっととチェックインしてハッピーエンドと思ったら・・安宿がない。。告げられるとんでもない値段にがっくりしながら4,5軒と周り結局シングルルームに2人で入ることにした。学生君は床で寝袋で寝ることに。40ドルもするというのに建物も部屋も未だ内戦中状態のすごいところで、荷物を置きそそくさと出てきた。(あとで知ったがベイルートは安宿が殆どなくまたホテル代が異様に高い)

なんかきな臭いイメージしかないベイルート。でもびっくり!いままで周った中東の町とは全く違う雰囲気を持ち、洗練され、ネオン光り輝く田舎ヨーロッパを彷彿させる都会。道行く若い人々の姿も中東のイメージとは随分かけ離れたものであった。



中東に来て2週間。サンドイッチしか食べていない体は米を欲しがり、終に高級中華レストランに突撃。チャーハンとチキンのオイスターソース煮を感動しながらかきこむ。1人頭700円ほどの贅沢なひと時。



夜は無料WIFIレストランに入りNET。しらない間に為替も株もめちゃくちゃになっていた。。。


BUJI SYRIA NI TSUITEIMASU

SYRIA mo samui desu.
kyou ofuro de akasuri shitekimasita.
saiko-deshita.

kokontokorono nikki ha
mata gojitsu UP itashimasu.

アレッポからラタキアへ

11/25 Aleppo-Rattakia
ハマムのおかげか深く眠れた感じ。
9時前アレッポ城へ。紀元前10世紀に建設された丘の上に立つ周囲2.5キロの巨大な要塞。







ここから360度アレッポの町並みが見渡せた。過去何回もここを舞台に戦いがあったことを想像することは難しいが映画ロード・オブ・ザ・リングみたいな感じだったんだろうな。。今ではすっかりシリア人カップルのデートコースと化していた。







寒い寒いと思っていたらポツポツと雨が降ってきた。

12時。ここより昨日会った五島君もご一緒。これから同じ郊外のバス停にいくというフランス人のタクシーに同乗させてもらいガラージュ・ラムーシ、ここでバスに乗り換え4時間でシリア最大の地中海に面した港町ラタキア到着。この町はやたらネオンが多く明るい印象。スークをうろつきスイーツ屋でおいしいジュースとアイス、晩御飯はローストチキンで中東初のハラパン。

アレッポで風呂&あかすり

11/24 Damascus – Aleppo
朝9時前にチェックアウトし旧市街を出たところでセルビスに乗りガラージュ・ハラスターへ。苦労の末アレッポ(ハラブと言わないと通じなかった・・)行きバスを見つけ10時半出発。瓦礫の砂漠を4時間走り




アレッポ郊外のバスターミナルへ行きそこからタクシーで市街へ。世界遺産「古代都市アレッポ」到着。石組みのなかなか造りの面白い宿に荷物を置き夕方宿で会った学生君とライトアップされたアレッポ城、サンドイッチのをとった後ハマムへ。寒い外からプールのような大きなお風呂に入ったときはその気持ちよさに感動する。痛いほどのあかすりをイメージ通りの爺にしてもらったあとはサウナに入ったり水浴びしたりで久々にリラックス。





この町の人達はダマスカスよりも人懐っこい。特に子供たちはやたら声をかけてくる。ジャッキーチェンもブルースリーも中国人だと誰か教えてやってくれ。

宿は久々にバス付シングルを取ったがちょっと臭う。ハマムも行った事だし余計な選択であった。。宿の一番上は談話室みたいになっていて夜遅くまでお喋り。部屋に戻り本読んで2時過ぎ就寝。

ようやくシリア入国

11/22 Amman-Damascus
7時起床。7時半タクシーでBorders&Residency Departmentへ行き入国スタンプの写し換えをしてもらう。古いパスポートに押されている12日の最初の入国日ではなくイスラエルから戻った18日で記載された。とりあえずこれでしなくてはいけない前準備が完結。たった1つのイスラエルのはんこで随分面倒くさいはめになった。。

宿に戻り荷物をまとめ、やたらお世話してくれたルアイ、日本人パッカーに別れを告げまずムジャンマ・シャマーリーへ。シリア国境近くの町ラムサまでは声をかけてくれた3人の女性のセルビスに同乗しでむかう。ラムサからはシリアビザを持ってない客を長い時間待つのは嫌だという親父の言い値に折れる形でセルビスの貸切。

ヨルダン側国境の免税店でドライバー連中は両手いっぱいにたばこを仕入れ、トランクの底や窓の枠をドライバーで外して隠している姿が滑稽であった。

ヨルダン側の出国は古いパスポートも提出させられたうえで問題なく出国。シリア入国はかなり緊張。入国拒否されると新しく航空券を買ってヨルダンを出る羽目になる。。普通新しいパスポート持ってきたら誰だってイスラエル行ってきた奴だって思うはず。新しいパスポートを出すと「古いのは?」と言われ「アンマンで無くした」と平静を装いながら答える。心配なのはずっと出国まで付き添っているドライバーである。奴はヨルダン側で古いパスポートを見ている。英語は殆ど通じない。。余計なこと言わなきゃいいけどと祈るような気持ち。俺悪いこと何にもしてないのになんでこんなにドキドキしなくちゃいかんの・・。

さて12時、24USドル分のVISA代を払って無事シリア・ダラーに入国。運ちゃんはつたない英語で「イスラエルのはんこがあったんだろ、知ってたよ」と笑ってた。そんなお前が心配の種だったんだよ!!でもほんとよかった。

ダラーからはバスでダマスカスへ。チケット売り場ではダラーの病院で医者をしているという英語ぺらぺらの男がいろいろ世話してくれた。皆世話好きで優しい。彼の隣の席で一通りお喋りしたあとは、あまり寝てないのと精神的にほっとしたのか爆睡。午後2時半前ダマスカス郊外にあるガラージュ・ソーマリーエ到着。ここからはタクシーで旧市街へ走り3時過ぎには宿にチェックイン。

ここは「古代都市ダマスカス」として町自体が世界遺産である。旧市街は715年に建てられた歴史あるウマイヤド・モスク、巨大なスーク、スパイスの香り、石が持つ重厚な町の雰囲気が歩くだけで楽しい気分にしてくれる。買うものは何も無いけど。。今日のごはんはパン3個。町は変わっても食うものは変わらない。。





シリアの女性は美人が多い。キャサリン・ゼタ・ジョーンズばりである。ヨルダンよりも垢抜けている感じ。同じ宿の客にもびっくりするぐらいの美人がいた。

夕方ちょっと寝た後、夜スークを散歩。10時だというのにまだかなりの人が出ていた。至るところがライトアップされていて本当に美しい町である。たどり着けてよかった。。



夜の部屋は激寒。吐く息が白い。。

ヨルダン発行新パスポート即日発給

11/22 Amman
8時半、散々悩んだ挙句、紛失届けをキャンセルすることにする。外務省のHPを見るとイスラエルのスタンプを押された場合は旅券の2重申請ができるとあったからだ。昨日の警察署に行くと対応してくれたおじさんが笑って迎えてくれた。「ベッドの下からパスポート出てきちゃったよ〜」と言い昨日渡された封筒を返し出てくる。

9時過ぎタクシーで日本大使館へ行きパスポートの再発行手続き。早く欲しいというと今日午後3時に取りに来てと言われた。もしかして最悪1週間ぐらいを覚悟していただけに嬉しい誤算。申請書と写真1枚(半年以上前のサラリーマンモード)を提出。わざわざ用意した戸籍謄本もコピーはとられたものの必要ではなかった模様。

次はエミレーツ航空へ。東京から返事がありルート変更も不可。買いなおしとのこと。ちなみに片道660JDとのこと。新しいパスポート取ったから変更しなくてOKと告げ後にした。宿に戻り4泊分の代金を払いマンスールへ移動。アンマン最後の宿をもう一度この宿で過ごそうと思った。1泊3.5JDと安いし。退屈しないし。

お昼はレストランでコーヒー飲んで時間つぶし。



午後3時、日本大使館で真新しいパスポートを受け取る。まだ5年残っていたんだけどヨルダン発行のパスポートもいい思い出である。料金は110JD。日本より2000円ほど安いのは何で?対応してくれたおばさん?はとても感じのいい人で「ヨルダンどうですか?」「ワディ・ムーサとかすごくいいですよ」とか話してくれあまりいい想い出の無い大使館の悪いイメージがちょっとは良くなったかな。でも最後に「だからといってシリアに入国できるかどうかは賭けですよね〜」と笑って付け加えることは忘れなかった。。

6thサークル近くのバーガーキングへ。値段は日本と同じくらい。食べずに出てきた。

今回の旅用にブックオフで馳星周の不夜城1,2を持って来て既に読み終わっていたのだが、なんという偶然!最終刊が宿の本棚にあり夜まで読みふけった。私1人だった5ベッドのドミ部屋は夜に3人日本人が入り夜中遅くまで皆でお喋り。

ようやくこのアンマンともおさらばだ。。

プロフィール

koji

Author:koji
やったらやったでどーにかなるよ!のいい加減さと石橋叩きすぎ心配症の2面性を持つ男。
人生は一度きりとか言われるとなんかやたら焦る・・・

カレンダー(月別)
10 ≪│2009/11│≫ 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
検索フォーム
メールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。