スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナム・チャウドックのさびしい2011年大晦日・・

31Dec2011 Chau Doc VIETNAM

朝早いので朝食取れないというと、ちいさなお弁当を渡してくれた。気配りを嬉しく感じながら開けてみると小さなパンが2枚。びっくりした。あとバナナとお水。

6時半過ぎシンツアー前に集合。7時過ぎ出発。車内は1日ツアーと3日間ツアーの混載らしく結構満席。ほとんどアジア人。

P1010858.jpg
【ここから船旅スタート】

P1010872.jpg

10数年前に訪れた2泊3日の1回目は一緒だったツアー仲間がよかったこともあって茶色いメコンと行きかう船にとても感動したものであった。1年半前の1泊2日の2回目は正直訪れた場所のせいもあるのかあまり楽しくなかった。さて今回は?

P1010876.jpg
【はちみつ売り】

P1010886.jpg
【定番のライスペーパー】

P1010881.jpg

P1010884.jpg
【飴つくり】

午後6時前チャウドックのホテルに到着。過去来てるはずだけど街並みに全く記憶なし。午後7時に皆で晩御飯食べた後、川沿いのイベント会場へ。

P1010921.jpg
【ちょっとだけお正月グッズあり・・】

カラオケ大会らしきものが行われ町の人々が集ってはいたもののそこには大晦日の雰囲気は全く感じられずカウントダウンも花火大会も一切なし。彼らにとってのお正月は来年は1月23日だとのこと。

P1010938.jpg

9時半過ぎには宿に戻り普通に寝つく。何の変哲もない2011年の終わりであった。一昨年は北京、去年はマチュピチュ村でカウントダウン。来年はもうちょっと騒がしいところに行こう。。

2011年訪れたところ・・
ペルー、ボリビア、チリ、アルゼンチン、南極、パラグアイ、ウルグアイ、ブラジル、日本、タイ、マレーシア、ラオス、ネパール、ミャンマー、ベトナム。

引き続き旅に明け暮れた1年でした。





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2011年最後の旅は第4回ベトナム

30Dec2011 Bangkok-Saigon VIETNAM

朝5時タクシーでスワンナプームへ。なんだか毎月ここに来てる感じ。相棒に買ったケータイのVATを受け取る。これからでかい買い物をするときは必ずVAT申請忘れないようにしよう。7%返金はでかい。

今回の年末旅行はどこにいくか結構悩んだ。香港に決まりそうだったがホテルが高く結局1人2万円弱でエアーの取れたベトナムに。最近どこに行きたいか、ではなくエアーアジアがどこに飛んでるか、ということが重要にな要素である。これはいかん。

エアアジア3720便は07:50離陸。9時半前にホーチミンに到着し152番の路線バスでベンタンバスターミナル下車。近くのEXIMBANKで両替をしたあと2年半前に何回か来たベーカリーの2階に座りバイクの喧騒を眺める。いつ来ても変わらぬこの騒々しさ。旅情というにはうるさすぎる。。

P1010816.jpg
【色とりどりのヘルメット】

ブイビエン奥に宿を取りいつものシンツアー(旧シンカフェ)で明日からのツアーを申し込む。行ったことのないムイネーとどっちにするか、というところでちょっと悩んだが初めて行った時の感動を相棒に見せてあげたく2泊3日メコンデルタに決定。こちとら3度目。

P1010823.jpg
【お昼はやっぱりフォー】

P1010824.jpg

P1010837.jpg

ベンタン市場、レロイ通り、ドンコイ通りをうろついて夕方宿に戻る。昨夜ほとんど寝てないという相棒はここでダウン。私は外でフォーを食べた後9月23日公園のイヤーエンドフェスティバルを眺めて宿へ。

P1010847.jpg

帰り道雨が落ちてきた。雨見たのは10月初旬のバンコク以来である。





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

さよなら、ミャンマー。また来世で。

08Dec2011 Yangon-Bangkok THAILAND

9時過ぎ起床。もはやヤンゴンではしたいことなくフライトまでの時間をひたすらつぶすのみ。こんなことなら朝便にしておけばよかった。外はきつそうな太陽光線がサンサン。

11時頃チェックアウトしボーヂョー・アウンサンマーケットあたりをうろうろ。残った600円ばかりのミャンマーチャットを使おうと土産物屋を回るも何一つ欲しい物見つからず。結局宿の親父にドルに戻してもらった。

P1010730.jpg

P1010734.jpg

P1010743.jpg

デザート屋でアイス食べて高級ホテルのソファに座ってどうにかやりすごし、14:45宿に頼んでおいたタクシーに乗り空港へ。約1時間遅れの18:50離陸でバンコクへ。

P1010748.jpg
【ミャンマーにこの空港は似合わない・・】





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ヤンゴン・シュエダゴン・パヤーへ

07Dec2011 Yangon MYANMAR

9時過ぎ起床。宿の朝食を取り街ブラ開始。すぐ近くのスーレーパヤー、ポーヂョーアウンサンマーケットを見たところで久々の暑さにだるくなり、おいしくないチキンバーガー食べた後宿で昼寝。

P1010618.jpg

P1010619.jpg
【スーレー・パヤーで話しかけてきた学生。ミャンマー人は親切で人なつっこい】


P1010627.jpg

午後4時半タクシーでシュエダゴン・パヤーへ。昨日空港から町に入った時のライトアップされたこのキンピカ仏塔は強烈であったのでゆっくり見てみようと思った。

P1010638.jpg

P1010660.jpg

キンピカでとにかく眩しいのだが、底に流れている空気がどうにも歴史を感じさせず、まるでちょっとしたテーマパークに来てるかのよう。仏像の後ろでネオンがちかちかしているのはどうも軽すぎる。。

P1010702.jpg
【参拝土産10円也】

P1010707.jpg

午後7時頃ダウンタウンに戻りまずい焼きそばとデザートを食べて本日終了。もうなんだか早くバンコクに帰りたい。

P1010723.jpg
【ミャンマーコーラ】





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

インレー湖からヤンゴンへ

06Dec2011 Lake Inle-Yangon

8時半起床。朝食食べて近くのマーケットへ。

P1010580.jpg
【ここで唯一のお土産、シャンバッグを手に入れる】

P1010584.jpg

P1010589.jpg
【たばこ】

特に見るものなくお土産にミャンマーバッグをいくつか買って宿に戻り結局1日半かけても乾かなかった洗濯物を詰めチェックアウト。1時半車で50分ほどのヘーホー空港へ。

3時半前待合室からフライト番号で客が呼び出される。チケットもぎのおばちゃんにヤンゴン行きだよね、と聞くとYes、マンダレー、ニャウンウー・・・と聞き取れない英語で言うので、そっか向こうから来たんだな、とその時は思った。

P1010598.jpg
【フライトはまたエアーカンボーザ】

もしかして違うフライトに乗り込んだんじゃないかと隣の席のお姉ちゃんに聞くとこれからマンダレーだと言う。嘘!慌ててフライトアテンダントに聞きなおすとこのフライトはマンダレー、ニャウンウー経由のヤンゴン行きだとか。両方ともいったところやんか。マジ信じられん。直行便じゃないよ、とヒトコトいってよ!1時間で着くところを3時間かかって午後6時半ヤンゴン到着。

空港からタクシーでダウンタウンへ。途中金色にまばゆく光まくってる巨大なシュエダゴンパヤーはこれまで見たどの夜景とも違うもので素晴らしかった。明日また行ってみよう。

目星をつけた宿に行ってみるも安い部屋はいっぱいで暗い中トボトボ歩いて次の宿にチェックイン。

宿のおばさんに一昨日寒くてしようがなく買ったフリースジャケットをプレゼントしたらとても喜んでいた。でも宿代は安くしてくれなかった。。

晩ごはんがてら夜のヤンゴンを散歩してみるも美味しそうなもの見当たらず結局晩飯抜き。





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

インレー湖観光

05Dec2011 Lake Inle(Nyaung Shwe) MYANMAR

朝、船の親父が迎えに来る。船着場まで歩いていきモーターのついたボートで寒い中ツアースタート。昨日フリース買っておいて大正解。Tシャツでは死んでた。

P1010472.jpg

P1010478.jpg

P1010484.jpg
【ファウンドーウー・パヤーの本尊】

見どころはほとんどなくいろんな店を連れまわされる。ペルーのチチカカ湖ととにかくダブってしまうが、観光レベルはそれにまったく及ばないためどんよりした天気と相まって期待には遠く及ばず。バガン後だけにお寺も食傷気味。。

P1010499.jpg
【ロータスの繊維を紡ぐ。気の遠くなりそうな作業】

P1010501.jpg

P1010519.jpg

P1010543.jpg
【とにかく愛想のよかったロングネックのおばさん】

P1010556.jpg

P1010565.jpg
【ガーペー僧院のジャンピングキャット】





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

超おんぼろバスでインレー湖へ

04Dec2011 Bagan-Nyaung Shwe MYANMAR

朝3時起床。3時半宿の前まできたバスに乗る。ピックアップ用だと思った超オンボロバスはこれから12時間乗る正規のバスであった。

P1010448.jpg

狭すぎる前の座席との間隔、クッションの効いていないリクライニングしない直角シート。少し走るとあっという間に補助シートさえ満席で隣は汗臭い親父。

P1010459.jpg

持ってた服を全部着ても全然寒いし、雨もふりだし汚い窓から景色は見えないは、首の筋が痛い上にガタガタ道で何度も窓に頭を打ちつけおこされるはで修行のようなバスなのである。屋根に座っていた奴がゲロッた黄色いものまで窓に貼りつきこの苦しみが永遠に続くんじゃないかと折れそうになった。

P1010460.jpg

それでも夜明けの来ない朝はない。12時間後の午後4時シュエニャウン到着。ソンテウに乗り換え20分ほどで今日の目的地ニャウンシュエ。宿に荷物を置き上着を買いに行く。こんなに寒いとは想定外であった。長袖は薄手を一枚だけ。ガイドブック読むと防寒具必携とちゃんと書いてある。読んどけ。あ、そういや宿に布団なかった。

P1010462.jpg

P1010465.jpg
【ニャウンシュエの町】

ご飯の美味しくない国ではお決まりの食欲減退。朝から何も食べてないが油バリバリミャンマー料理は無理なのでパンケーキをいただく。その後隣の人が食べてるパスタを見て食べたくなり追加注文するもその味に大後悔する。

P1010470.jpg

ネット屋へ。世界最低速度。30分の間に停電2回。ほとんど何もできなかったにもかかわらずちゃんとお金は取られた。停電から回復する時間もちゃんとカウントされて。。怒る気にもならず黙って50円支払う。

あまりにも寒いのでフリースの粗悪ジャケットを1枚購入。今日明日しか着ないのにもったいないが背に腹は代えられず。





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

おお、ここが3大仏教遺跡バガン

03Dec2011 NyaungOo MYANMAR

午前8時半、昨日宿にお願いしておいた馬車ドナドナ号(ロバだろうが馬だろうがこの形態はすべてドナドナ号になる)に乗りバガン観光に出発。特にこれが見たい、とかはないので行先はお任せ。

P1010326.jpg

P1010332.jpg

P1010336.jpg

3つ目ぐらいから名前も覚えられないし名前などどうでもよくなってきた。。寺院の上から見渡すと至る所に寺院の仏塔がにょきにょき突き出てるのが見えただただ美しい。東京の100分の1の遅さで時間が流れてゆく。

P1010358.jpg
【女性はみんな顔に「タナカ」】

P1010366.jpg

P1010391.jpg

P1010395.jpg
【ブーパヤー・パヤー】

P1010402.jpg

P1010411.jpg

P1010417.jpg

P1010424.jpg
【午後5時半、シュエサンド・パヤーでサンセットを拝む。何百年も変わらぬ悠久の時】

P1010428.jpg

P1010440.jpg
【思えばこの時が一番美しかった】

P1010442.jpg
【最後にシュエズィーゴン・パヤー】

さすが世界3大仏教遺跡だけのことはあって見応え抜群。いい人にも巡り会えとても幸せな1日。
Life is Good.





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

エーヤワディ川下りでバガンへ。また船壊れる。

02Dec2011 Mandalay-NyaungOo MYANMAR

6時半起床。7時バイクでエーヤワディ川の船着場へ。見る町の景色はなんとなくラオスっぽい感じ。腰巻スカートとホッペに塗られた日焼けどめ「タナカ」がここがミャンマーであることを教えてくれる。


P1010221.jpg

外国人専用の船Shwe Keinneryは8時出航。至る所に金の仏塔が突き出ていてとてもミャンマーな感じである。Tシャツ一枚では寒くて唯一持ってきていた長袖シャツを着て本を読みながら流れる景色を眺めているといい気持ち。

P1010226.jpg

P1010238.jpg

P1010269.jpg

昼からお昼寝。午後4時船が止まり目が覚める。あともう1時間でバガンにつくな、と思ったらなんと故障らしい。ま、いいや、どうせ今日やることないしと本を読んで時間を潰すが一向に動き始める気配なし。

P1010283.jpg
【とうとう陽が落ちた】

代わりの船が到着したのは7時半であった。川の反対側についたのが8時20分、その後あーだこーだで9時を回ったところでようやくバス出発。

P1010302.jpg
【向こう岸に到着するとたくさんの人。暇なのか?】

ニャウンウーについたのは予定を5時間過ぎた午後10時前であった。宿近くののレストランはどこも閉まっていて困ってると宿の兄ちゃんが近所の売店からバナナ3本もらってきてくれた。お金はいらないという。なんという優しさ。たまたま明日日本人客を迎えるというガイドのお兄ちゃんが同じ宿に泊まっていていろいろ話した。ミャンマー人って優しいですね、と言ったら「小さい時から親のいうことと仏教の教えを守って大きくなっていきます。人に優しくするといつか自分に戻ってくると信じています」と答えた。いい話だ。

P1010313.jpg
【本日最初で最後のメシ】

あと私が乗るボートはよく壊れるんですよ、インドネシアでもカンボジアでも壊れましたというと「外人用船が壊れて止まったという話は初めて聞きました。」いい話ではなかった。

本日食べたもの。スナック菓子少々、バナナ3本。






にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ミンガラバ~、ミャンマー・マンダレーへ

01Dec2011 BKK-Yangon-Mandalay MYANMAR

朝4時半タクシーで空港に向かう。何度乗っても落ち着かない夜中のタクシーだが今回はとてもいい人。

07:20エアアジア3770便は定刻で出発。うつらうつら1時間ほどのフライトで08:00(タイとの時差30分)ミャンマーのヤンゴンに到着。カトマンズばりの田舎空港をイメージしていたが以外に近代的で清潔な空港にビックリした。パスポートコントロールでは係のおばさんにグッドモーニングといわれ2度ビックリ。え、ミャンマー何?すごくいいとこ?

P1010142.jpg

預け荷物はないので税関をとっとと抜けるとあらかじめ頼んでおいたマンダレーへの航空券を持ってきてくれたおじさんが待っていてくれた。

最近あの悪名高いミャンマー軍事政権も変化の兆しを見せつつあり、その一つであろう実勢レートで両替してくれる両替屋がちょっと前に空港にもオープンしていた。ご飯と交通機関以外はほとんどドル払いということなので少しだけ変える。おじさんに最近ミャンマーもいろいろ変わってきましたねというと、はい、いい方向に変わってきています、と嬉しそうに答えた。

ヤンゴンへのフライトが遅れるとこの乗り継ぎでドキドキすることになるので少し余裕を見て12時発にしたがこうすると万事うまくいくものである。3時間半もの待ち時間を以前は国際線にも使っていたという隣の古いビルで待ちほうける。

初のお買い物はコーラ。よく見たらタイ製であった。海外と言ってもここチェンマイより近い。

冷蔵庫のような待合室で凍えながら呼ばれるのを待つ。あまりの眠気に時々落ちそうになるが、いつ呼ばれるかわからないのでおちおち寝ていられない。

P1010157.jpg

12時、幸運にも定刻で離陸。13:30マンダレー到着。ここからシェアタクシーでマンダレー市内へ。同乗したおばさんはバンコクへ出稼ぎにきて3年、ナナで携帯グッズを売っているというミャンマー人であった。

午後4時バイクでマンダレーヒル入口まで送ってもらい裸足になって歩き始める。

P1010170.jpg

まだヒマラヤトレッキングの恩恵が残っているのかまったく疲れず、途中から声をかけてきた少年僧と話しながら頂上へ。彼は今英語を勉強していて時間があるとここへ来て外国人と話をして練習しているらしい。いつか外国へ行って見たいと熱っぽく語っていた。美しいサンセットを拝み下山。僧のアンニー君と別れバイクで宿に戻る。

P1010183.jpg

P1010202.jpg

P1010187.jpg

お腹が空いてきたので地図を見ながらナイトマーケットに行ってみたものの屋台もほとんどなく宿近くのデザート屋でアイスクリーム2杯を晩飯とする。ガイドブックによるとミャンマー料理は油っぽいらしく食べる前から敬遠気味である。






にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
プロフィール

koji

Author:koji
やったらやったでどーにかなるよ!のいい加減さと石橋叩きすぎ心配症の2面性を持つ男。
人生は一度きりとか言われるとなんかやたら焦る・・・

カレンダー(月別)
11 ≪│2011/12│≫ 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
検索フォーム
メールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。