スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また来よう、マレーシア

18Apr2012 KUL-Bangkok THAILAND

フライトまでちょっと時間があったのでパビリオンへ。朝食にカヤトーストをいただいた後、とにかく何か手に入れたい相棒は結局安いサンダルを手土産にして空港へ。

P1030338.jpg

AK838便15:05発、バンコクに16時到着。あっという間の一週間。初めてのボルネオ島はなかなかいいものであった。次はシパダンだ。
スポンサーサイト

ペトロナス・ツインタワーで待ちくたびれる

17Apr2012 Kuala Lumpur MALAYSIA

お昼は中華街で食べ歩き。

P1030209.jpg

P1030237.jpg

午後3時ペトロナス・ツインタワーへ。ちらっとみて帰ることも考えたが美しい夜景をまだ見たことがなかったので夜までちんたら時間をつぶすことに。8時を過ぎてようやく暗くなってくるとタワーに明かりが灯りそれはそれは美しく何度も何度もシャッターを切る。

P1030314.jpg

ブキッ・ビンタンのアロー屋台通りで晩御飯。チキンサテーも酢豚も満足。いや~、食い物バンコクよりよりうまいな~、なんていい気分で夜は更けていくのであった。

P1030327.jpg

激うま小籠包だ!

16Apr2012 Bandar Seri Begawan-Kuala Rumpur MALAYSIA

P1030170.jpg

ホテルのとても残念な朝食をいただいた後無料トランスファーで空港へ。

見どころ少ないわ、物価高いわのブルネイ。予想通りの展開でわずか19時間ほどのブルネイ滞在であったが時間的には十分。特に何かを感じることなく午前9時半エアアジア1463便に乗り込み12時前クアラルンプール到着。

ブキッ・ビンタン近くの宿に荷物を置き友人にメチャクチャおいしいから、と教えられた小龍包で有名なレストランへ。今回の旅行で一番楽しみにしていたイベントといっても過言でなくかなりの空腹も手伝って自然と足は小走りに。

で、そのレストラン「Dragon-I」。嬉しくなっていろんなものを頼んでしまう。小龍包は噂通り激ウマ。他のメニューには大したことないものもあったから最初から小龍包1本で通せばよかったと思えるほどのおいしさであった。上海の豫園での感動がよみがえった。

P1030182.jpg

船でブルネイ入国

15Apr2012 Kota Kinabaru-Labuan-Bandar Seri Begawan BRUNEI

6時半チェックアウトし朝も早くから賑やかなガヤストリートのサンデーマーケットを見ながら港に向かう。朝食はオールドタウンでカヤトースト。

P1030084.jpg

8時出航。5リンギットの差だったので2階のファーストクラスにしたものの窓から外が見えるというだけの違い。席に着くとあとはもう寝るしかない。景色も見るほどのものではない。

P1030087.jpg

時についたラブアン島では次の船までの3時間弱を使ってぶらついてみる。港近くはちょっとした町になってるものの特に見所などは見当たらず。

P1030101.jpg

マレーシアの出国をし1330ボート出発。1時間ほどで到着。ブルネイの入国はあっという間。建物を出たところに来たローカルバスに乗り首都バンダルスリブガワンへ。ボルネオのほんの一部が一つの国というブルネイ。さすがの金持ち国家、雰囲気がコタキナバル界隈と全く違うのがすぐ分かる。建物が新しくでかい。緑の中に映える白い壁、家と家の間隔からくる印象がマレーシアではなくオーストラリアなのである。

安宿が殆どなく物価高の国、宿探しに苦労したくなかったので予め予約をいれておいた。4時ごろ到着したホテル自体はたいしたことなかったもののレセプションのお兄ちゃんがやたら親切で気持ちよかった。部屋で洗濯後早速街ブラ。本日は日曜日ということもありこの時間既に両替所は閉まっているとのこと。港で手に入れた20ブルネイドル(シンガポールドルと等価)でこと一日の滞在のすべてを賄わなくてはいけなくなった。

P1030143.jpg

結局少ないお金は見つけて発作的に入ってしまったジョリビーと安い飯屋が集まってるところで大切に使った。

P1030134.jpg
【世界一うまいハンバーガー】

P1030159.jpg
【正直あまりおいしくなかった】

世界一の花、ラフレシアとご対面

14Apr2012 Kota Kinabaru MALAYSIA

朝8時過ぎホテルピックアップ。

ちょっと走ると東南アジア最高峰キナバル山が遠くにみえたものの近づいて行くうちに雲の中に消えその後2度と姿を見せることはなかった。。

P1020940.jpg
【東南アジア最高峰キナバル山】

P1020962.jpg

なんとかマーケットと中華料理のランチを終えた時点ですでに1時過ぎ。え、まだ何にも観光してないけど大丈夫?!

よく考えてみると初めてのキャノピーウォーク。不安定に揺れまくる地上40mの足元はそこらへんの絶叫系アトラクションより全然怖くて楽しい。

P1030022.jpg

日本兵が見つけたというポーリン温泉で何ヶ月かぶりの風呂を楽しもうと思ったがお湯が腰のところにようやく貯まったところで集合時間。

P1030033.jpg

最後に相棒が一番見たがっていた例のものを見物。見学料は交渉制っぽい。払ったのは10リンギ。見られるのは開花の日を1日目として今日4日目のものらしい。

雨でぬかるんだ泥道を5分ほど歩く。途中監視人(これだけの収入源だから本気で守っていると思われる)のいる鉄柵ゲートを抜けたところで世界最大の花ラフレシアとご対面。写真でよく見る巨大なものではないものの昨日の時点で完全に見れないと思っていたものが目の前にある、というのはいいものだ。世界一コレクションがまた一つ増えた。

P1030051.jpg

熱帯雨林ボルネオらしく世界中の蒸気が集まったかのごとくの黒い雲の隙間で黄色とオレンジの夕日が鮮やかであった。

宿についたのは予定をずいぶん超えて午後7時を回っていた。アジアの味にもはや食傷気味であったので夕食はピザハット。

コタキナバル・・特に何にもない。。

13Apr2012 Kota Kinabaru MALAYSIA

ホテルの冷たいシーツがやたら寝心地よく10時過ぎまで爆睡。

港まで歩いて行き明後日のブルネイ行のボートチケット、ホテル横の旅行会社で明日のキナバルパークのツアーを申し込むと今日は他にやることなくただ街ブラ。

P1020902.jpg

明日どこにいくか最後まで迷った。何故なら本当に行きたいところがなかったから。すぐ近くの島でもよかったけれどきっとタイの島の方が凄いし、キナバル登山は日程的に無理だし、オラウータン野生じゃないし、で結局お決まりのキナバルパーク。

P1020906.jpg
【歴史的建造物のインフォメーションセンター】

あとツアー代かなり高めで盛り上がらない。。ラフレシア見れる?と観光局みたいなところで聞いてみるも軽く「No」と言われ相棒も落ち込み気味である。

ソンクラン休暇はボルネオ島へ

12Apr2012 Bangkok-Kuala Lumpur-Kota Kinabaru MALAYSIA

ソンクランで混んでると嫌だからと3時間前に空港到着。最近までパスポートコントロールの混雑が大問題なんてニュースも読んでいた。なんてことはない。特にどこも混んでなくて肩すかし。

AK833 BKK13:10-KUL16:15

P1020885.jpg
【エアアジア。そろそろ表彰してくれてもいいくらい乗ってる】

最近やたら遅れることを考慮しコタキナバルへのコネクションフライトを3時間もあけてとったのにこうすると当たり前のようにパスポートコントロールをすんなり抜けられるのはなんでだろ?

かつてマレーシアで何度かお目にかかったレストランOldTownで麺のお昼をとり時間を潰す。

AK5126 KUL19:10-BKI21:45
コタキナバル到着しタクシーで予約した宿へ。到着した時はもう10時を回っていたが初めての町なので嬉しくて少々雨のぱらつくなかちょっと散歩してみる。

甘いアイスコーヒーとチャーハンを食べて戻ってきて本日終了。

P1020892.jpg
プロフィール

koji

Author:koji
やったらやったでどーにかなるよ!のいい加減さと石橋叩きすぎ心配症の2面性を持つ男。
人生は一度きりとか言われるとなんかやたら焦る・・・

カレンダー(月別)
03 ≪│2012/04│≫ 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
検索フォーム
メールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。