スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そしてアンナプルナBCへ

12月30日 (火) MBC−ABC−バンブー(名前わからず)

6時半起床。昨夜9時ごろ寝袋には行ったものの隣の2人のフランス人がうるさくなかなか寝付けなかった。借りた布団がベッドから落ちると寒くて何度も目が覚めた。なんとなく寝苦しい夜だった。

朝7:15出発。昨日天気が良くなかったらしく今日はどうかなと思いながらアンナプルナベースキャンプを目指した。ゆっくり登っているうちに段々晴れてきてABCについたときには信じられない風景が広がっていた。最近ほとんど晴れたことが無かったそうなのでこの幸運に感謝した。新雪がかなり積もっていてトレイルが見えず膝上まではまってしまうこともたびたびあった。

昨夜のうるさいフランス人の1人もその後来て、4人で写真をとりまくった。予備のフィルムを1本持ってきていたがすぐに撮りきってしまった。あったかいミルクティーを飲んで下りることにした。興奮していたので寒さを感じなかったが、持っていたボトルの中のミネラルウォーターは半ば凍っていた。

MBCへ戻る途中マチャプチャレの雪が太陽の光に照らされきらきら光りとても美しく見えた時があったが既にフィルムを使い切っていて撮れなかったのが悔やまれた。

MBCで荷物をとって下山開始。デオラリに戻る途中、かなり大きな雪崩の後を通った。2日前に通った時には無かったものだ。かなり怖いおもいをしながらすばやく抜けた。

デオラリで昼食。DREAM LODGEのおっちゃんは人なつこくいい奴だ。握手で再会し昼食を作ってもらった。(EGG VEG FRIED RICE 90rs) デオラリのロッジにつくやいなや雪が降りだしたが出る頃には止んでくれた。

MBC7:15−ABC8:45 11:15−MBC12:15 12:30−デオラリ14:20 14:50−ヒマラヤホテル15:45−ドバン16:20−バンブー17:05

デオラリを出てからは出来るだけ下に行こうということで殆ど休みなしで下った。雪上を過ぎると今度はドロドロの道でジャージーは黒く汚れ、靴の中は水が染み込み気分が悪かった。また寒さを見越してジャージーの下にはいていたスパッツを脱げぬまま歩いていたので、どうにも歩きにくかった。ただほとんど下りだったのでスピードも速く休みを取らなくてもいい調子であった。

MBCからの道程は景色を見ることも写真を撮ることもなくバンブーまでたんたんと歩いた。3日ぶりにバンブーに戻ってきた。前回とは違うロッジに宿を取った。

靴、靴下、Tシャツ1枚を水だけで軽く洗濯。掘りごたつの中に干した。何と9人もの日本人がいた。兵庫県三田市の夫婦はとてもいい人であった。隣に座っていた4人組みはなんとなく不思議な(オタク系の)人々であった。あまりお腹が空いていなかったので晩飯は抜いた。

どうにかABCに行けて本当に良かった。苦労していった甲斐があったと言うものだ。あんなに素晴らしい景色が見えたのだから。今日1日本当に歩いた。寝る前うるさく喋っていたら隣部屋の日本人の女に注意されてしまった。生きてて良かった1日であった。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

koji

Author:koji
やったらやったでどーにかなるよ!のいい加減さと石橋叩きすぎ心配症の2面性を持つ男。
人生は一度きりとか言われるとなんかやたら焦る・・・

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
検索フォーム
メールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。