スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲイの親父にパタヤまで連れてってもらう

4月8日 (土) シアヌークビル−パタヤ (WHITE ROSE2)

8時起床。シャワーを浴び隣のレストランでフランスパン1本とかなりまずいアイスコーヒーの朝食を取る。

10時チェックアウトし、バイクで10時半船着場へ。アホイはついにここで本性を出した。昨日と今日のバイク代で25ドル欲しいというのだ。半田は困惑しながらも断りきれない人のよさだ。私はこれでもかなり出しすぎだと思いながらも10ドルアジムに渡してやった。10ドルが以下に大金かを奴も分かっているようで少々ごねながらも喜んで受け取った。

12時出航。船はそんなに込んでなくそれなりにエアコンも効き(そりゃそーだろ、15ドルもするんだから)、自分の席もあった。雷が落ちまくっている方向へ船が向かっていくのがちょっと不安だったが4時間弱でカンボジア側のパスポートコントロール、コッコン到着。

今度は小さなモーターボート(100B)に乗り換えて国境を目指すのだがこれがまた恐ろしい地獄ボートであった。落差の一番大きな一番前に座ったのが運のつき、悲惨の悲惨。超高角度ビテイコツワリ500連発が全身の日焼けの痛みとの相乗効果で未知の世界を見せてくれた。あまりのすごさに疲れは一気にレッドゾーン。何分ほどこの拷問を受けたのかも分からない。よほど耐えかね後ろの少しでもましだと思われる場所に変えてもらおうと頼むタイミングを計っているところでようやく国境到着。このボート、ジジババはマジで死ぬぞ。

タイ人旅行者らしき人にここからパタヤへはどうやって行けばいいか?と聞いているとたまたま話を聞いていた太った親父が「俺はパタヤからここまで来ているから乗せてやる」と言ってくれ2人で15ドルで話がついた。

名前はジーター、ドイツ人、ゲイ。カンボジアにはゲイ用のスペシャルツアーを作るための視察に来ていたらしい。2年ほどパタヤに住んでいるらしく、現在は男と一緒に生活しているらしい。その話を聞かされたときはわが身の心配をせざるを得なかった。が、とてもいい人で話し好き。ホンダシビックも絶好調で夜11時頃パタヤ到着。もし偶然に奴に出会わなければたぶんどこかの小さな街で泊まらなければいけなかったであろうことを思うと本当にラッキーだった。旅をしていると俺って本当にツイテルナ、と思うことがあるが、これもそのひとつ。ついてないこともよくある気もするが。

3年前泊まった宿を訪れてみるがあまりにも汚かったのでその隣のホテル(400B)に部屋を取った。カンボジアの味に飽き飽きしていたのでケンタッキーフライドチキン直行。久々のジャンクの味に感動すら覚える。久々のネオンにエキサイト。朝4時ころ宿に戻った。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

koji

Author:koji
やったらやったでどーにかなるよ!のいい加減さと石橋叩きすぎ心配症の2面性を持つ男。
人生は一度きりとか言われるとなんかやたら焦る・・・

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
検索フォーム
メールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。