スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12年ぶりのアンナプルナトレッキング

さてこれから6時間後、12年ぶりのヒマラヤ・アンナプルナトレッキングにでかける。背負うバックパックは12年前と同じものでそのとき買ったワッペンも縫いつけられている。

今回はアンナプルナベースキャンプまで行かないつもりだが最初の3日の行程は12年前と同じものだ。同じ道を歩きながらこの12年の年月を感じてこようと思う。どのように自分は歳を重ねてきたのか。。同じ感受性でいられたのか。。

では28歳の自分に会いに行ってこよう。(じじくさいな)


*************************************************************************
【1997年12月23,24日のトレッキング初日、2日目の日記】

12月23日 (火)ポカラ−ナヤプル−ルレリ (NAMASTE LODGE)

余計な荷物をポカラの宿に残して朝6時スルジェハウス集合。そこで3人合流し6人でタクシーに乗りナヤプルへ。(1時間半)車窓からはこれから登るアンナプルナの山々が美しく見えた。ナヤプルでミルクティーを飲んで出発。

初日は最悪であった。はしゃいでいたのもゆっくり景色を見る余裕があったのも最初だけ。荷物もそんなに重くないのに、体がついていかない。両足はつりそうになるし頭痛はしてくるしで途中からいつも最後を歩くようになった。昼はダルバートを食べ、少し昼寝。ルレリ近くのルートはずっと続く階段で本当にきつかった。かつてこんなに辛い上りがあったであろうか。失神直前にまで行きそうになった。

登る前は自信満々だったのに結局最後を歩くことになり格好悪かった。梅田さんは私より年上だというのに。そういえば登山初日はいつもこういう感じだという事をすっかり忘れていた。しかし今日歩いたコースは2日分なのである。

一体誰がルレリまで行こうといったんだ!

タクシー225rs 宿15rs

*******************************************************************

12月24日 (水)ルレリ−ゴレパニ(HILLTOP LODGE)

7時起床。紅茶のんで8時出発。

皆は昨日杖代わりに竹の棒を手に入れていたが私は持ってなかったので宿の親父に欲しいと言ったら切ってきてくれた。頭痛と左足の筋肉痛が取れ、また今日のルートは昨日ほどきつくなかったのでどうにか昼過ぎゴレパニに着いた。

3pm空身でプーンヒルへ。8000mを超えるダウラギリ?峰などが真正面に見え迫力満点であった。1時間かけて登ったプーンヒルでは雲が結構かかってきていい写真が撮れなかった。下りは30分。夜はストーブを囲んでお喋りしながらクリスマスイブをすごした。ささやかにチョコレートケーキなども食べた。私は22日にアニールモモであった東京の大学院生の伊藤さんと喋った。

外に出てみれば空は満天の星。まさにこの世のものとは思えないほど滅茶苦茶に綺麗だった。人間一人なんてこの広い宇宙の中では何とちっぽけな存在なのだろうか。

宿30rs チョコケーキ50rs
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

koji

Author:koji
やったらやったでどーにかなるよ!のいい加減さと石橋叩きすぎ心配症の2面性を持つ男。
人生は一度きりとか言われるとなんかやたら焦る・・・

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
検索フォーム
メールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。