スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノイシュヴァンシュタイン城とヨーロッパアルプスに感動だ

3/23 フュッセン

宿で2ユーロの朝食。食堂にいくと、え、こんなにゲストいたの?って感じ。

9時半前宿を出て駅へ。明日用のバイエルンチケットを購入し、駅前から出ているバスに乗りホーエンシュヴァンガウへ。降りるや否や山の中腹にノイシュヴァンシュタイン城がお出迎え。入場チケット購入し30分ほど歩いて城に向かう。天気もいいし、いや〜なんかすげ〜気合入ってきた。





11:10発入城。この城はポータブルオーディオによる日本語ガイダンスあり。自前のイヤホンをつけて城の中を歩く。豪華絢爛の内装もよかったが窓から見えるヨーロッパアルプスの景色に感動した。


●城の窓からはこんな景色が!:城内の写真は禁止だが外は撮っていいとのこと・・

(マリエン橋)

(アルプスの山々)

(ホーエンシュヴァンガウ城)

ちなみにツアーは半分以上が日本人の団体さん。じじいになったらこうやってパックツアーで旅行したいな。いいホテル泊まっておいしいもの食って。。

ツアー自体は30分ほどで終わり、マリエン橋へ。橋からは背景に緑美しい田園の景色をバックにノイシュヴァンシュタインがドドーンと正面に。



あまりに美しいそのお姿にまたシャッター押しまくり。橋で昨夜の残りでサンドイッチを作りお昼としたあとちょっと山登り。上から見下ろすお城も絵になる。



近くにあるルートヴィヒ2世が幼少期を過ごしたホーエンシュヴァンガウ城は外から見るだけ。



昔から基本的にお土産は買わない主義。土産といえど所詮安物はほとんど中国製だったりする。日本に帰るまで持ち運ぶのも大変だし。だがバックパックに縫い付けていたワッペンだけは格好いいのがみつかると欲しくなる。で、ここで1枚お城バージョンワッペン購入。(これも中国製か・・?)

午後3時前フュッセンに戻ってくる。待ちぶらしたあと一旦宿で休憩。今日は空気も澄んでいたのか部屋の窓からノイシュヴァンシュタインが昨日よりよく見えた。



夕方また散歩。夕方7時を回ると街から人気が消える。レストランもほとんどが閉まってしまう。レヒ川などをまわってスーパーで買出し後戻ってきた。


【レヒ川】

晩飯はハムの残り入りカップラーメン。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

やっぱりドイツといえば城だよね。
いつかは泊まってみたい古城ホテル♪

そうそう、ブックマークにリンク貼ってくれてありがとう。あとで私のブログにもリンク貼っておくね。

Unknown

なんかドイツに入って値段も完璧先進国プライスで古城ホテル・・なんて雰囲気じゃなくなってる。。俺にも臨時ボーナスくれ。
プロフィール

koji

Author:koji
やったらやったでどーにかなるよ!のいい加減さと石橋叩きすぎ心配症の2面性を持つ男。
人生は一度きりとか言われるとなんかやたら焦る・・・

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
検索フォーム
メールはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。